愛なんていらねえよ、夏

出演

渡部篤郎、広末涼子、藤原竜也、鈴木一真、ゴルゴ松本(TIM)、半海一晃、西山繭子、松尾玲央、黒川智花、野沢‘毛ガニ’秀行(サザンオールスターズ)、森本レオ、坂口良子 ほか

  • 放送未定

ヒットメーカー・堤幸彦演出、渡部篤郎&広末涼子コンビで贈る、異色のラブストーリー「愛なんていらねえよ、夏」。生きていくために愛を捨て、金だけを信じながらホストクラブを4軒経営する売れっ子ホスト・レイジと、父親から愛情を受けずに育てられた大富豪の娘で盲目の亜子。一つの嘘から始まった2人の出会い…彼らの愛の行く末はどうなるのか?
レイジ役の渡部は役作りのために丸刈りに、ピュアで透明感のある役どころの多かった広末は、心に鋭い棘を持つ盲目の少女役を体当たりで演じ話題となった。脚本はラブストーリーに定評のある龍居由佳里、演出は「ケイゾク」「池袋ウエストゲートパーク」などでその奇才ぶりを発揮している堤幸彦が担当。渡部と堤は、ドラマ界に新風を吹き込んだ「ケイゾク」以来のコンビ。
その他、歌舞伎町きってのファニーフェイスNo.1ホスト役に藤原竜也、歌舞伎町で誰もが恐れる借金回収人役にTIMのゴルゴ松本、亜子が通う喫茶店の店主役にサザンオールスターズの野沢‘毛ガニ’秀行といった個性的な面々が出演したのも見どころのひとつ。

【ストーリー】
不夜城・歌舞伎町。生き馬の目を抜くこの街で、自分と金だけを信じてのし上がってきた白鳥レイジ(渡部篤郎)は、歌舞伎町の風雲児と呼ばれていた。しかし、本当のレイジを誰も知らない。また、多くの参列者が並ぶ盛大な葬儀場の最前列に座る、黒いドレスの鷹園亜子(広末涼子)。その顔は無表情にまっすぐ前を向いている。壇上には亜子の父・鷹園俊介の遺影が。俊介はIT時代の波にのり、会社を次々と拡大したが、仕事に追われ、亜子に愛情を注ぐことのないまま不慮の事故で他界したのだった。亜子の母親と兄・礼慈(荒川良々)が出て行ってからの15年間、鷹園家の家政婦として献身的に尽くしていた中田咲子(坂口良子)に対して、亜子はささくれ立った心でトゲのある言葉を咲子に浴びせかけるだけで、心を開かない。
その頃、レイジの常連で“自称、社長夫人”と語っていた和田貴代美(青田典子)が逮捕された。そしてレイジの元に警察(吉田朝)がやって来て、横領教唆の容疑でレイジを逮捕。暴れるレイジを乗せて走り出すパトカーを追いかける礼慈は、街に捨てられうずくまっているところをレイジに拾われ、それ以来、レイジのところに居ついていた。しかし、警察に連れて行かれるレイジを見送ると、不慮の交通事故で死んでしまう。
半年後、出所したレイジを迎えたのは、レイジの経営するホストクラブのナンバーワンで、彼にとてもなついていた芥川奈留(藤原竜也)だった。そしてそれに加え、地獄の借金回収人のウエダタクロー(森本レオ)と部下の一条晴男(ゴルゴ松本)がいた。歌舞伎町に戻ったレイジはすべてを失い、七億三千万円の借金だけが残されていたのだった…。
そんなレイジのもとに、ひとりの弁護士、真壁恭一(半海一晃)がやってくる。真壁は勝手に話し進め、礼慈の実家の住所を書いたメモを残し帰っていく。どうやら礼慈には、盲目の妹がいて父親が残した多額の遺産があるという。金の匂いを感じたレイジは、礼慈になりすましその財産を狙おうと画策するのだが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2002年
  • 全話数 : 10話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 植田博樹
  • ディレクター・監督 : 堤幸彦、松原浩、今井夏木
  • 脚本 : 龍居由佳里
  • 主題歌 : Life
  • 歌手 : 池田綾子

エピソードリスト

#1 ミエナイココロ

#1 ミエナイココロ

ホストクラブ経営者にのし上がったレイジ(渡部篤郎)は事件に巻き込まれ逮捕され、約7億円の借金が残った。そこで遺産を奪う為潜り込んだ家で亜子(広末涼子)と出会う。

#2 ワタシヲコロシテ

#2 ワタシヲコロシテ

兄妹の感動的な再会と思ったのも束の間、亜子(広末涼子)はレイジ(渡部篤郎)に心を開かない。だがレイジは積極的に話したり叱ったりし、兄妹として振る舞うのだった。

#3 浴衣に秘めた思い

#3 浴衣に秘めた思い

再び心を閉ざした亜子(広末涼子)にレイジ(渡部篤郎)は信頼を取り戻す為、点字の手紙を渡し夏祭りに誘う。亜子は夏祭りに行き楽しむだのが、レイジの本当の目的は…。

#4 最高のプレゼント

#4 最高のプレゼント

亜子(広末涼子)はレイジ(渡部篤郎)を慕い始め、断っていた婚約者の誘いを受け次第に心を開く。それを咲子は疎ましく思い、レイジは咲子が亜子を操っていると知った。

#5 優しすぎる嘘

#5 優しすぎる嘘

亜子は脳腫瘍であと半年の命と判明。そんな中、亜子は誕生日プレゼントに喫茶店へ連れて行き、店主から幼少時代の話をされ困るレイジ。また、身体に異変を感じた亜子は…。

#6 余命半年!?生きることをあきらめるな!

#6 余命半年!?生きることをあきらめるな!

レイジ(渡部篤郎)は礼慈では無いと疑う咲子たちに五十嵐はある事を提案。一方、亜子(広末涼子)にねだられレイジは希望通りバイクに乗せ、それを聞いた季理子は苛立つ。

#7 お前を絶対守る!!

#7 お前を絶対守る!!

咲子が処分した礼慈の手紙を亜子(広末涼子)が1通だけ持っていることに周囲は騒然。一方、亜子に「レイジ」の居場所を聞かれたレイジ(渡部篤郎)は答えを濁した…。

#8 突然の別れ

#8 突然の別れ

レイジ(渡部篤郎)は亜子(広末涼子)を診てもらう為、裏の有名な医師の元へ。一方、亜子はみんなが財産目当てと知り、自分に関わる人々に鷹園家から出ていくよう告げた。

#9 想い出の一夜

#9 想い出の一夜

白鳥レイジに戻ったレイジ(渡部篤郎)は金策に奔走する。一方、一人になった亜子(広末涼子)は手術の準備を進めていた。しかしお互いの大切さに気付いたレイジは…。

#10 愛よりも優しく

#10 愛よりも優しく

レイジ(渡部篤郎)に命を救われた亜子(広末涼子)は手術を決意する。一方、レイジは借金の為に裏カジノで勝負に臨むが、相手はレイジに失望した奈留(藤原竜也)だった。

さらに読み込む

TBS1 TBS2