大型時代劇スペシャル「愛に燃える戦国の女」−豊臣家の人々より−

出演

三田佳子、役所広司、山城新伍、篠田三郎、野村宏伸、中田喜子、赤木春恵、手塚理美、小川範子、上村香子、本阿弥周子、森尾由美、葉山葉子、可愛かずみ、坂東八十助、竹中直人、西田敏行 ほか【ナレーター】森光子

  • 来月放送

司馬遼太郎作の小説「豊臣家の人々」の中に登場する、数奇な運命と立ち向かい戦国時代を生きた女性“おふく”の物語。戦国の世に生まれ、妻として、あるいは側室として、3人の男性に仕えるおふく役は三田佳子。日本版の“スカーレット・オハラ”を思わせるような魅力的な女性像を演じている。また、おふくを翻弄する男たちには、西田敏行、役所広司、山城新伍という豪華キャストが実現し、話題をさらった。プロデューサーの石井ふく子は、小説の中に6ページほどの記述しかないおふくという女性の生き様に注目し、司馬氏の協力を得て、田井洋子の脚本でドラマ化を実現させた。また「大阪城」をスタジオに再現するなど、1億円にも及ぶに大型セットも見もので、制作費、キャスト陣とすべて超豪華な大型時代劇といえる。ドラマは3時間を大きく3部に分け、おふくの20代、30代、40代の姿を描きながら、彼女を取り巻く周囲の人々の生と死、さらに武将たちの栄枯盛衰を綴っていく。
【ストーリー】
永禄12年(1569年)秋。おふく(三田佳子)の波乱の人生は、高田城落城の日から始まった…。
尼子勢に城を攻められ、三浦貞勝(役所広司)の妻・おふくは侍女・梢(中田喜子)と息子・桃寿丸を連れて辛くも脱出するが、貞勝は行方不明に。岡山に逃れたおふくは、宇喜多直家(山城新伍)に救われる。やがて直家の強引な愛を受け入れ、彼の妻となり息子・八郎を出産した。その八郎が8歳になったとき、羽柴秀吉(西田敏行)が台頭し、八郎は人質に取られてしまう。傷心の直家は以後、病床に伏せるが病のことが外部に漏れぬよう口止めした。1年ほどして秀吉は、八郎を“秀家”と名乗らせ、養子にすることを直家に約束。まもなく直家は死んでしまうが、戦乱の世にあっては城主の死を公表できず、おふくは二人目の夫の葬儀もできなかった…。その後、織田信長が本能寺で討たれ、世は豊臣秀吉のものに。おふくは秀吉の側室として、大阪城内に引き取られる。

番組基本情報

  • 制作年 : 1988年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : テレパック/TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子、矢口久雄
  • ディレクター・監督 : 鴨下信一
  • 原作 : 司馬遼太郎
  • 脚本 : 田井洋子
  • その他 : ※司馬遼太郎の「遼」は正式には、点が二つのしんにょうです。システムの都合上「遼」となっております。

TBSチャンネル2

来月 7/20(土)午前11:00〜午後1:30

2019年6月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 7/20(土) 午前11:00〜午後1:30
    • TBSチャンネル2
TBS1 TBS2