日曜劇場「思い違い」

出演

竹脇無我、長山藍子、大坂志郎、近松麗江、沢田雅美、菅野忠彦、角野卓造、安芸秀子 ほか

  • 放送未定

藤沢周平の『橋ものがたり』に収められている短編「思い違い」を砂田量爾の脚色でドラマ化。主演は竹脇無我、長山藍子。他に大坂志郎、沢田雅美、角野卓造ら演技派俳優らが脇を固めている。橋にまつわる人の運命を、しっとりとした情の流れのなかに描く恋物語。砂田量爾のきめ細やかな脚本と、橋や川のセットが見もの。
【ストーリー】
生真面目で腕のいい指物師・源作(竹脇無我)は、生まれて初めて女に惚れた。惚れたのは、いつも両国橋のたもとで、ただすれ違うだけの女・おゆう(長山藍子)だ。仕事仲間にからかわれても、おゆうとすれ違うだけで、源作は幸せな気持ちになれた。ある夕暮れ、おゆうが不審な男にからまれていた。源作は思わず助けに入った。それが縁で、源作はおゆうと知り合うことができた。しかし、おゆうは事情があるようでそれ以上は、口を閉ざし去ってしまう。そんなところへ、源作は親方の豊治(大坂志郎)から、彼の一人娘・おきく(沢田雅美)と縁組して跡継ぎになってほしいと言われる。11歳のときから世話になった豊治の頼みとあって、源作は悩んだ。
焦った源作は、おゆうを待ち伏せて「結婚してくれ」と片想いを告白。おゆうは断り、逃げるように去ってしまう。あくる朝、源作は橋のたもとで待ったが、もうおゆうは姿を見せなかった。そんなとき、おきくが実は身ごもっていると、仲間の友五郎(角野卓造)から聞かされる。やりきれない源作は、誘われるままに初めて岡場所に足を踏み入れた…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1981年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 鴨下信一
  • 原作 : 藤沢周平
  • 脚本 : 砂田量爾
TBS1 TBS2