カミさんの悪口2

出演

田村正和、篠ひろ子、橋爪功、角野卓造、岡本麗、久本雅美、渡辺満里奈、大沢たかお、増田未亜 ほか

  • 放送未定

田村正和と篠ひろ子の組み合わせで熟年夫婦の日常をおもしろおかしく描くコメディドラマのパート2。平均視聴率20.3%、最高視聴率22.1%と前作に引き続き、多くの視聴者に愛された。篠ひろ子が演じる妻との夫婦喧嘩は小気味良くさらにパワーアップ。そして、中年トリオ(田村正和、橋爪功、角野卓造)による男の井戸端会議「カミさん改造講座」もさらに激しく、言いたい放題。まだまだ語り尽くせない互いの悪口を、世のカップルになり代わり言い合う、ハッピーエンドラブストーリーだ。
【ストーリー】
小泉肇(田村正和)、由起子(篠ひろ子)の夫婦は駆け落ち結婚して18年。子供のいない二人にとって夫婦喧嘩がストレス解消となっているが、なんだかんだいっても仲が良い夫婦だ。会社では、肇が開発した芳香剤が大ヒット。功績のあった茂木常務(橋爪功)を社長に据えようという構想もチラホラ聞こえる。茂木が新会社の社長になれば、同期の肇も片桐(角野卓造)も役員への道が開けてくる。女房の悪口を言って暇はないのに相変わらず、三人よるとカシマシイ。そんな中、小泉夫婦が初仲人をすることになった。花嫁は部下のOL・大野真琴(渡辺満里奈)だが、相手は取引先の社員で、いわば頼まれ仲人。こんな大変な役目を安易に引き受けて由起子は、渋々顔だがちゃっかり留袖を調達し、抜け目がない。肇の方は式当日の朝からそわそわしていた。

番組基本情報

  • 制作年 : 1995年
  • 全話数 : 12話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 八木康夫、磯山晶
  • ディレクター・監督 : 清弘誠、桑波田景信、鴨下信一、鈴木早苗
  • 原作 : 村松友視
  • 脚本 : 山元清多
  • 主題歌 : 地震・カミナリ・火事・わたし
  • 歌手 : 神崎まき

エピソードリスト

#1 大安不吉日

#1 大安不吉日

夫婦喧嘩の絶えない小泉肇(田村正和)と由起子(篠ひろ子)夫婦。ある日、肇たちは肇の部下・真琴(渡辺満里奈)と取引先の三上(大沢たかお)の仲人をすることに…。

#2 男を見る目

#2 男を見る目

小泉宅に転がり込んだ真琴(渡辺満里奈)をめぐり、肇(田村正和)と由起子(篠ひろ子)は喧嘩を繰り返す。真琴と茂木(橋爪功)の関係が知れるのを恐れた肇は…。

#3 釣った魚

#3 釣った魚

雅子(久本雅美)のアパートに転がり込んだ真琴(渡辺満里奈)たち。更に、かつて肇(田村正和)とスミ江(岡本麗)の縁談話があったことを知った茂木(橋爪功)は…。

#4 出社拒否

#4 出社拒否

1年もの交渉の末、肇(田村正和)は銀座に広告塔を出す契約を取り付けた。有頂天で社長に報告するが、方角が悪いという理由で契約破棄を通告され…。

#5 ミスター・チルドレン

#5 ミスター・チルドレン

由起子(篠ひろ子)が内緒で猫を貰い飼っていたことを知った肇(田村正和)は激怒。そこへ、由起子の友人・松井勝代(泉ピン子)が3人の子供を連れて上京する。

#6 夫貸します

#6 夫貸します

茂木(橋爪功)の元愛人・咲(松本明子)は、結婚を申し込んで来る戸倉(金山一彦)を諦めさせるため、肇(田村正和)に頼みこんで恋人同志を演じることになるが…。

#7 今夜は独身

#7 今夜は独身

由起子(篠ひろ子)とスミ江(岡本麗)が伊豆へ旅行。肇(田村正和)は真琴(渡辺満里奈)と三上(大沢たかお)の仲を取り持とうと2人を家に招待するが…。

#8 ヤキモチのススメ

#8 ヤキモチのススメ

茂木(橋爪功)をかばい、真琴(渡辺満里奈)の元愛人を演じた肇(田村正和)。その夜真琴は小泉家に泊まるが、朝食を共にしている所へ由起子(篠ひろ子)が帰宅し…。

#9 香港へ行こう

#9 香港へ行こう

肇(田村正和)は由起子(篠ひろ子)と箱根へ行くことにするが、急きょ茂木(橋爪功)らとの出張が決定。怒った由起子は、スミ江(岡本麗)たちと香港旅行を企画する。

#10 香港に来ちゃった!

#10 香港に来ちゃった!

肇(田村正和)たちと由起子(篠ひろ子)たち、お互いに内緒でやって来た香港旅行。肇、茂木(橋爪功)、片桐(角野卓造)はカミさん抜きの旅行に有頂天だが…。

#11 昼下りの情事

#11 昼下りの情事

日曜の朝、突然肇(田村正和)がゴルフへ行くと言い出し、由起子(篠ひろ子)は機嫌が悪い。夕方、肇が茂木(橋爪功)たちを連れて帰宅するが由起子の姿はなく…。

#12 ケンカの鉄人

#12 ケンカの鉄人

肇(田村正和)は雅子(久本雅美)の見合いをセッティングするが、由起子(篠ひろ子)との大喧嘩に発展。しかし、定期検診で肇に異常が見つかったと聞いた由起子は…。

さらに読み込む

TBS1 TBS2