カミさんの悪口

出演

田村正和、篠ひろ子、橋爪功、岡本麗、角野卓造、松本明子、久本雅美 ほか

田村正和と篠ひろ子の共演で熟年夫婦の日常をおもしろおかしく描くコメディドラマ。中年トリオが夫婦の間で生じる本音と建前を、ついつい納得してしまうほどの内容で言い合う男の井戸端会議と、これに負けじとやりあう女房たちとのテンポ良い展開が見る者を引き込んでいく。中年トリオ役には田村正和、橋爪功、角野卓造。田村の妻役に篠ひろ子。そして橋爪功の愛人役に本格ドラマ初レギュラーの松本明子が出演。演出は鴨下信一が手掛け、平均視聴率19.9%、最高視聴率23.7%を記録した。

小泉肇(田村正和)と妻・由起子(篠ひろ子)は結婚18年目で、子供はいないが恋人・親友のような夫婦関係。どこから見ても、仲の良い美男美女のベストカップルだが不満もある。中堅商社の開発部長で重役のイスも間近というヤリ手の肇だが、会社のOLたちにも結構人気がある。浮気願望もなくはないが今までそれほど深入りせず、無難に過ごしてきた。同じ会社に勤める茂木(橋爪功)と片桐(角野卓造)とは大学時代からの友人で、家も近いことからカミさんの悪口を言い合う仲だった。
由起子に誕生日のディナーを約束した日、肇は常務の茂木から突然上京してくる愛人・大場咲(松本明子)の世話を頼まれる。由起子との約束をすっぽかして咲に付き合う肇は、片桐と偶然出会ってしまう。その場の勢いで咲を、“知り合いの娘と一緒に帰宅するところだ”と嘘をついた。結局、泥酔した咲を連れ帰った肇は彼女を別室に寝かせ、由起子の怒りが去るのを待った。

番組基本情報

  • 制作年 : 1993年
  • 全話数 : 11話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 八木康夫
  • ディレクター・監督 : 鴨下信一 ほか
  • 原作 : 村松友視
  • 脚本 : 山元清多
  • 主題歌 : 春夏秋冬・朝昼夜
  • 歌手 : CHICA BOOM

エピソードリスト

#1 宣戦布告

#1 宣戦布告

商社に勤める小泉肇(田村正和)。妻・由起子(篠ひろ子)の誕生日に、同僚・茂木修二郎(橋爪功)から、愛人・大場咲(松本明子)の面倒を見てほしいと頼まれて…。

#2 ウチの鍵貸します

#2 ウチの鍵貸します

夫婦喧嘩で怒鳴る肇(田村正和)を見た咲(松本明子)は家を飛び出し、由起子(篠ひろ子)もその後を追った。次第に親しくなった由起子と咲はお互いの事を語り始め…。

#3 決戦は日曜日

#3 決戦は日曜日

咲(松本明子)と茂木(橋爪功)の関係が由起子(篠ひろ子)に知れた。肇(田村正和)は、茂木の妻・スミ江(岡本麗)にバレないよう、引き続き咲を肇の家に置くことに。

#4 かけおち記念日

#4 かけおち記念日

茂木(橋爪功)と咲(松本明子)の仲を取り持ったことで由起子(篠ひろ子)と肇(田村正和)は冷戦状態に。そんな中、咲が姿を消し…。

#5 会社襲撃大作戦

#5 会社襲撃大作戦

肇(田村正和)が企画リーダーを務める新商品のネーミングに咲(松本明子)の案が採用され、表彰されることに。由起子(篠ひろ子)は咲の代理で表彰式に出席し…。

#6 男子厨房に入れ

#6 男子厨房に入れ

肇(田村正和)のもとに、スミ江(岡本麗)から「由起子(篠ひろ子)がぎっくり腰になった」と連絡が入った。スミ江と咲(松本明子)が鉢合わせしないか心配な肇は…。

#7 夫が優しい理由

#7 夫が優しい理由

咲(松本明子)と茂木(橋爪功)は外で会うことに。一方、片桐(角野卓造)は、肇(田村正和)に秘書・磯島裕子(白鳥靖代)との仲を取り持ってほしいと頼む。

#8 浮気のススメ

#8 浮気のススメ

肇(田村正和)が裕子(白鳥靖代)とデートしたと知った由起子(篠ひろ子)はカンカン。そんな中、由起子は昔の恋人・杉本達夫(目黒祐樹)に再会し…。

#9 ついに離婚宣言

#9 ついに離婚宣言

由起子(篠ひろ子)は泥棒を捕まえ、一躍有名人に。そこへ、肇の会社のCM出演依頼が舞い込む。そんな中、咲(松本明子)は茂木(橋爪功)と別れる決意を固めていた。

#10 夫婦の七不思議

#10 夫婦の七不思議

茂木(橋爪功)は咲(松本明子)にこれまでの事を詫びた。茂木の立場と優しさを感じ、思わず涙する咲。ところがそこにスミ江(岡本麗)が現れ…。

#11 カミさんの愛シ方

#11 カミさんの愛シ方

肇(田村正和)は由起子(篠ひろ子)にラブレターを贈るが、冗談だと思われてしまう。茂木(橋爪功)と片桐(角野卓造)は、肇たちに結婚式を挙げることを提案する。

さらに読み込む

TBS1 TBS2