金曜日の妻たちへIII・恋におちて

出演

古谷一行、小川知子、奥田瑛二、板東英二、森山良子、長塚京三、原真祐美、中島めぐみ、篠ひろ子、いしだあゆみ ほか

“金妻(キンツマ)”なる流行語を生み出したヒット作「金曜日の妻たちへ」のパート3。脚本は前2作と同じ鎌田敏夫が手がける。パート3の舞台は東京郊外の私鉄沿線で“中庭を持つ家”。名門女子校の同窓生で、現在は同じ住宅地に住むヒロイン4人の友情を恋愛も絡めながら描いていく。結ばれるはずだった元恋人同士の二人がある夏の日のパーティーで再会したことから、平凡な日常と長い友情がとめどなく揺れ始める…。キャストはパート1からは古谷一行、いしだあゆみ、小川知子、パート2からは篠ひろ子、板東英二、さらに森山良子、奥田瑛二、原真祐美ら新顔を加えた強力布陣。小林明子の主題歌「恋におちて・FALL IN LOVE」も大ヒットした。

番組基本情報

  • 制作年 : 1985年
  • 全話数 : 14話
  • 制作 : 木下プロダクション/TBS
  • プロデューサー : 飯島敏宏、阿部祐三
  • ディレクター・監督 : 飯島敏宏、楠田泰之、松本健
  • 脚本 : 鎌田敏夫
  • 主題歌 : 恋におちて・FALL IN LOVE
  • 歌手 : 小林明子
  • その他 : ※タイトルのIIIは正式には、ローマ数字です。システムの都合上「III」となっております。

エピソードリスト

#1 夏の終わりに

#1 夏の終わりに

秋山圭一郎(古谷一行)、彩子(篠ひろ子)夫妻の別荘で、恒例のガーデンパティーが開催されることになった。ただ、今年は珍客が招かれることになっていた…。

#2 昔の匂い

#2 昔の匂い

先日のパーティーで久しぶりの再会を果たした圭一郎(古谷一行)と桐子(いしだあゆみ)は、ひょんなことから再びデートをすることになる。

#3 いっちゃん好きや!

#3 いっちゃん好きや!

由子(小川知子)と彩子(篠ひろ子)、法子(森山良子)の3人は、買い物の帰りに由子の家に集まった。3人の話題はそれぞれの家庭のこと。深刻なのは由子だ。

#4 歌い始めた街で

#4 歌い始めた街で

圭一郎(古谷一行)の留守中、桐子(いしだあゆみ)が彩子(篠ひろ子)を訪ねた。桐子はそこで圭一郎の母・ふみ(戸川暁子)と久しぶりに再会する。

#5 危険への誘い

#5 危険への誘い

宏治(板東英二)と由子(小川知子)が夫婦ゲンカを始めてしまう。数日後、二人の仲裁をしようと、彩子(篠ひろ子)と法子(森山良子)が集まってきた。

#6 終電車

#6 終電車

圭一郎(古谷一行)と桐子(いしだあゆみ)は、一夜をともにしてまう。その夜帰宅した圭一郎は、桐子の話題を持ち出す彩子(篠ひろ子)を複雑な思いで見つめていた。

#7 風も樹も空も

#7 風も樹も空も

彩子は、先日弥生(原真祐美)に「恋をしたことがないんですか」と聞かれたことを気にしている様子で、しきりに桐子(いしだあゆみ)の奔放さをうらやむ。

#8 秋の章

#8 秋の章

桐子(いしだあゆみ)が手料理を作って圭一郎(古谷一行)を待っていると、由子(小川知子)が訪ねてきてしまう。桐子がハラハラしていると玄関のチャイムが鳴った。

#9 誰かが見ている

#9 誰かが見ている

弥生(原真祐美)にキスされて彩子(篠ひろ子)の様子が変わった。買い物に行っても「優等生はやめたの」と明るく言う彩子をみて、由子(小川知子)は心配でしかたがない。

#10 昔の男、昔の女

#10 昔の男、昔の女

二人の仲がバレ始めたと感じた桐子(いしだあゆみ)は、デートの途中、圭一郎(古谷一行)に「最後にしよう」と言い出す。しかしそのデートを弥生(原真祐美)が見ていた。

#11 激情

#11 激情

出張で仙台にやってきた順一(奥田瑛二)は、法子(森山良子)と落ち合った。酒に酔い、お互い見つめ合う順一と法子。二人はとうとうホテルの一室に入っていった。

#12 有情の雨

#12 有情の雨

酔った桐子(いしだあゆみ)の電話を受けた圭一郎(古谷一行)は、桐子の部屋を訪ねてしまう。復縁を求めた圭一郎だが…。

#13 そして、冬

#13 そして、冬

昔の亭主とヨリを戻した由子(小川知子)は、宏治(板東英二)と別れなければならない。由子の一大事を聞いた彩子(篠ひろ子)たちは宏治に説得を試みるが…。

#14 華やかな終章

#14 華やかな終章

ある日、桐子(いしだあゆみ)の提案で「女四人だけ」で集まることに。彩子も来るというので、法子(森山良子)たちは何事が始まるのかと、ただ不安になるばかり。

さらに読み込む

TBS1 TBS2