忠臣蔵・いのちの刻
close

忠臣蔵・いのちの刻

赤穂浪士と関わったことで人生の歯車大きく狂わせながらも、強く逞しく生きていく7人の女性たちの人間模様を描く。

詳しく見る

浅丘ルリ子、浅田美代子、新克利、伊東四朗、植草克秀、岡本信人、小川知子、小倉一郎、乙羽信子、香川京子、久我美子、児玉清、沢龍二、鈴木清順、竹下景子、丹波哲郎、天間信紘、中条きよし、中田喜子、奈良岡朋子、橋爪淳、藤岡琢也、美空ひばり、平林尚三、三田村邦彦、渡辺篤史、若山富三郎、ほか

放送未定
ドラマ・時代劇

みどころ

赤穂浪士四十七人の武勇伝を描いた国民的時代劇「忠臣蔵」を女性の視点から捉えた「忠臣蔵・いのちの刻」。「女たちの忠臣蔵」(1979年)「忠臣蔵・女たち・愛」(1987年)に次ぐ、石井ふく子プロデュースによるシリーズ第3作だ。浅丘ルリ子扮する大石りく(内蔵助の妻)を中心に、赤穂浪士と関わったがために人生の歯車大きく狂わせながらも、強く逞しく生きていく7人の女性たちの人間模様を描く。石井と縁の深い美空ひばりは、たっての希望で創られた照月尼役で病気快復後初のドラマ出演を果たすが、残念にもこれがTBS最期の作品となった。

元禄15年春、理玖が江戸の地にやってきた。今は離別されているが、理玖は元幡州赤穂藩の家老・大石の妻。憤死した主君の敵・上野介の命を狙って、多くの赤穂浪士たちと江戸に浸入している。江戸では回船問屋の清兵衛が理玖をかくまってくれた。理玖を中心に、おくに、お菊、おかよたちが集まった。大石も江戸入りし、吉良邸襲撃の日取りが決まる。女たちは心をこめて討ち入り衣装をつくる。そして12月14日、討ち入りの日がくる…。

続きを読む

番組データ

出演 浅丘ルリ子、浅田美代子、新克利、伊東四朗、植草克秀、岡本信人、小川知子、小倉一郎、乙羽信子、香川京子、久我美子、児玉清、沢龍二、鈴木清順、竹下景子、丹波哲郎、天間信紘、中条きよし、中田喜子、奈良岡朋子、橋爪淳、藤岡琢也、美空ひばり、平林尚三、三田村邦彦、渡辺篤史、若山富三郎、ほか
制作年 1988年
全話数 1話
制作 TBS
プロデューサー 石井ふく子
ディレクター・監督 鴨下信一
脚本 服部ケイ
その他 ※藤岡琢也の「琢」は正式には、「豕」に点が付きます。システムの都合上「琢」となっております。

放送内容

放送あり

全て

さらに読み込む

このページをシェアする

視聴方法

TBSチャンネルは、CS有料放送です。下記のサービスでご視聴いただけます。