ホームワーク

出演

唐沢寿明、清水美砂(現・清水美沙)、福山雅治、浦江アキコ、筧利夫、墨田ユキ、ちはる、榊原利彦、内田あかり、宝田明 ほか

唐沢寿明主演の恋愛ドラマ。同棲していながら、お互い人生観の全く違う2組のカップルが、恋愛・結婚・仕事を通して悩み成長していく姿を、恋人達に課された“宿題”として描いていく。共演の福山雅治はミュージシャンの爽やかなイメージとは対照的に、夢に挫折し、恋人の部屋に転がり込んで3年間ヒモのような生活を送るダメな男を演じる。ほか清水美砂、浦江アキコ、筧利夫、ちはる、宝田明らが出演。稲垣潤一による主題歌「クリスマスキャロルの頃には」もヒットした。

番組基本情報

  • 制作年 : 1992年
  • 全話数 : 11話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 遠藤環
  • ディレクター・監督 : 遠藤環、金子与志一、戸高正啓
  • 脚本 : 遠藤察男
  • 主題歌 : クリスマスキャロルの頃には
  • 歌手 : 稲垣潤一
  • その他 : ※演出・戸高正啓の「高」は正式には、「はしごだか」です。システムの都合上「高」となっております。

エピソードリスト

#1 出会ってしまった

#1 出会ってしまった

文具メーカー経理部勤務の圭介(唐沢寿明)は、同僚のうらん(浦江アキコ)と同棲中。ある日、飲みに出掛けた圭介は、周二(福山雅治)という酔っぱらいにからまれる。

#2 誘ってしまった

#2 誘ってしまった

圭介(唐沢寿明)は、拾ってきた子犬の件で、犬嫌いのうらん(浦江アキコ)と喧嘩ばかり。一方、犬を捨てたために幸子(清水美沙)に泣かれた周二(福山雅治)は…。

#3 同じ夢を見たい

#3 同じ夢を見たい

一夜を共にした周二(福山雅治)とうらん(浦江アキコ)。幸子(清水美沙)を待ち続け、結局会えなかった圭介(唐沢寿明)。それぞれ家に帰ったが何となく気まずい。

#4 夢…みたいなもの

#4 夢…みたいなもの

後ろめたさを感じながらも会わずにはいられない圭介(唐沢寿明)と幸子(清水美沙)。ある日、会社のデスクに幸子の名刺が置いてあるのに気づいた圭介は…。

#5 別れられない予感

#5 別れられない予感

圭介(唐沢寿明)と幸子(清水美沙)の関係を知ったうらん(浦江アキコ)と周二(福山雅治)。うらんは、家事をするなどして圭介の望む女性になろうと努力する。

#6 君を愛してる

#6 君を愛してる

うらん(浦江アキコ)に「会社を辞めるかもしれない」と漏らした圭介(唐沢寿明)に、課長補佐の辞令が下りた。同期で1番の出世だが…。

#7 もう離れられない

#7 もう離れられない

小さな制作会社の助監督の仕事がやっと決まった圭介(唐沢寿明)。幸子(清水美沙)にいち早く報告、いきなりプロポーズする。しかし、幸子は…。

#8 悲しくなんか…

#8 悲しくなんか…

圭介(唐沢寿明)に、大手映画会社から採用の連絡が入った。迷った末、幸子(清水美沙)とも相談し、先に決まっていた助監督の話を断って宣伝部員として入社する。

#9 結ばれたのに…

#9 結ばれたのに…

圭介(唐沢寿明)と幸子(清水美沙)の新婚生活が始まった。一方、周二(福山雅治)と暮らし始めたうらん(浦江アキコ)は、会社を辞めて貿易の仕事に専念するが…。

#10 倖せになりたい

#10 倖せになりたい

家を飛び出し、夜の街で偶然うらん(浦江アキコ)と再開した圭介(唐沢寿明)は、その後もうらんと会い続ける。幸子(清水美沙)が忘れられない周二(福山雅治)も…。

#11 Xマスに出た答え

#11 Xマスに出た答え

圭介(唐沢寿明)は、制作部への転属が決まり有頂天になるが、入社できたのは幸介(宝田明)の差し金だったと聞かされる。一方、うらん(浦江アキコ)は…。

さらに読み込む

TBS1 TBS2