ザ・サスペンス 松本清張「突風」

出演

前田吟、根岸季衣、泉じゅん、中村晃子、津村隆、高橋昌也、福田公子、草川祐馬、神山卓三、有吉真知子、小川隆一、木村翠、坂本マリ、木村冨穂、長谷川京子、恩田千恵、岩尾展宏、徳永亘、浅沼晋平 ほか

  • 放送未定

一流商社の部長に昇格した夫が、クラブのホステスと浮気をした。妻は家庭に突然吹き荒れた「突風」と思える出来事に、必死で家庭と夫を守ろうと画策するのだが…。夫と妻、浮気相手とその男。子どものいない中年夫婦がもて遊ばれる悲哀をサスペンスタッチで描いた、松本清張原作作品。出演は根岸秀衣と前田吟。そして前田を夢中にさせるホステスを泉じゅんが演じ、若い肢体を惜しげなく披露している。

【ストーリー】
葉村明子(根岸秀衣)の夫・寿男(前田吟)は、41歳の若さで一流商社の総務部長に抜擢された。その記念すべき夜、ひとり夫を待つ明子との約束を忘れた寿男は、部下と立寄ったクラブの新人ホステス・みどり(泉じゅん)に魅了されてしまう。次の夜から寿男は仕事にかこつけてみどりの店に通い出し、あげくみどりと肉体関係をもってしまった。結婚生活12年、その間浮気ひとつしなかった夫がクラブのマッチを持っていたり、ワイシャツに口紅をつけて帰宅する…。明子にとって、この一件はまさに葉村家に突然吹き荒れた「突風」だった。夫の上司夫人からは、それとなく冷静にすごし浮気を責めてはいけないと助言されたが、初めての夫の背信に明子の不安は募る。そして明子は、夫が二十万円近くもする真珠のネックレスを贈った領収書を発見する。相手の名前は芳村みどり。夫が通うクラブのホステスと直感した明子は、店に電話をしてみどりの存在を確認した…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1983年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 川口武夫、荒川洋
  • ディレクター・監督 : 竹本弘一
  • 原作 : 松本清張
  • 脚本 : 江連卓
TBS1 TBS2