ストーカー・誘う女

出演

陣内孝則、雛形あきこ、袴田吉彦、麻生祐未、小林稔侍 ほか

  • 放送未定

幸せな家庭生活の中に、ある日突然忍び込むストーカーの恐怖を、大映テレビ独特のタッチで描いたセンセーショナルなドラマ。誰にでも起こりうる些細な出来事が、家庭愛、家族愛、人間のすべてを破壊するという警鐘の意味も込めた作品となっている。脅迫に苦悩する主人公を陣内孝則、普段は平凡なOLでありながらストーカー症を持つ女を雛形あきこが演じる。

番組基本情報

  • 制作年 : 1997年
  • 全話数 : 11話
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 野添和子
  • ディレクター・監督 : 江崎実生 ほか
  • 脚本 : 石原武龍
  • 主題歌 : 愛はひとつ
  • 歌手 : 近藤真彦

エピソードリスト

#1 あなたを奪いたい

#1 あなたを奪いたい

森田柊志(陣内孝則)は妻の絹香(麻生祐未)と子ども二人を持つマイホームパパ。ある日柊志の前に、同じ会社に勤めるミチル(雛形あきこ)が偶然を装って現れた。

#2 しのび寄る恐怖

#2 しのび寄る恐怖

ミチル(雛形あきこ)から妊娠したと聞いた柊志(陣内孝則)は激しく動揺。彼女のアパートに「堕ろしてほしい」と伝えに行くが、妊娠を喜ぶミチルに切り出せなかった。

#3 無言電話が鳴る時

#3 無言電話が鳴る時

ミチル(雛形あきこ)は柊志(陣内孝則)につきまとい、自宅にまで電話をして絹香(麻生祐未)に存在をアピールし始めた。

#4 嘘をついて外泊

#4 嘘をついて外泊

柊志(陣内孝則)は、北川(袴田吉彦)の前でも自分に色目を使うミチル(雛形あきこ)に困惑する。数日後、柊志の携帯電話にミチルから何度も電話が入り…。

#5 のぞきたい彼の家

#5 のぞきたい彼の家

柊志(陣内孝則)は家の呼び鈴を押したのがミチル(雛形あきこ)だと気づき、絹香(麻生祐未)に悟られないように必死になる。

#6 不気味な留守電

#6 不気味な留守電

絹香(麻生祐未)は柊志(陣内孝則)に電話をしてきた上原ミチル(雛形あきこ)という女性が気になる。絹香はイヤリングの持ち主がミチルではないかと思い…。

#7 もう我慢できない

#7 もう我慢できない

柊志(陣内孝則)は、絹香(麻生祐未)に留守番電話のメッセージを聞かれないよう必死に隠す。絹香はそんな柊志の態度を怪しく思う。

#8 天国で結ばれたい

#8 天国で結ばれたい

抱き合う柊志(陣内孝則)とミチル(雛形あきこ)の姿を目撃した絹香(麻生祐未)は咄嗟に逃げようとする。柊志はミチルを追い出し、絹香にこれまでの経緯を説明する。

#9 彼を離さない

#9 彼を離さない

ミチル(雛形あきこ)は病院に運ばれ、一命を取りとめた。その際、ミチルは想像妊娠だった事が判明。柊志(陣内孝則)は北川(袴田吉彦)に頼み、彼女に付き添ってもらう。

#10 もう誰も許さない

#10 もう誰も許さない

柊志(陣内孝則)と絹香(麻生祐未)は娘の未久(三村有己)を連れたミチル(雛形あきこ)を発見。柊志はミチルから未久を奪い返し「家族に手を出すな」と強く迫った。

#11 愛してるけど殺す

#11 愛してるけど殺す

ミチル(雛形あきこ)は森田家に乗り込み、絹香(麻生祐未)に包丁を向けた。柊志(陣内孝則)は危機一髪で家族をミチルの凶刃から救うが、ミチルは執念深く絹香を狙う。

さらに読み込む

TBS1 TBS2