週末婚

出演

永作博美、松下由樹、仲村トオル、阿部寛、沢村一樹、川原亜矢子、織本順吉、根岸季衣、神山繁、中原ひとみ、戸川京子 ほか

地上波放送後、社会に波紋を投げかけた内館牧子の衝撃作「週末婚」。このドラマは、松下由樹演じる華やかな姉・陽子の陰となり、地味に生きてきた永作博美演じる月子が主人公。姉妹の激しい確執によって招いてしまった大切な恋人との破局。これをきっかけに、月子を取り巻く6人の「結婚を意識する」世代の男女たちが新しい愛の形を探し求めていく…。ちゃんと結婚し、籍も入れ、親戚付き合いもする。ただし、夫婦で生活するのは週末だけ。平日はお互いどんな生活をしていても干渉しない…そんな結婚のスタイルに永遠の愛を見出すことができるのか?

【ストーリー】
浅井月子(永作博美)と陽子(松下由樹)は対象的な姉妹だった。姉である陽子は美人で学歴も華々しく、いつも注目を集める存在。一方、妹の月子は、姉に比べると地味で見劣りがちな存在だった。月子は子供のころから陽子にコンプレックスを抱いてきた。そんな月子も今では大森豹(沢村一樹)という生涯でただ一人と言い切れるほどの恋人を得て、充実した時を過ごしていた。
ある日、月子は最近出会いもなく落ち込んだ陽子を誘って食事に出た。そこで偶然にも、豹と彼の兄・純(阿部寛)に出会う。やがて陽子は純と結婚し、月子は豹と別れるハメに。そこから、今まで内に秘めていた姉妹の激しい確執が浮き上がり、月子の陽子へ対する復讐劇が始まった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1999年
  • 全話数 : 13話
  • 制作 : テレパック/TBS
  • プロデューサー : 矢口久雄
  • ディレクター・監督 : 佐々木章光、藤尾隆、池澤辰也
  • 原作 : 内館牧子(幻冬舎刊)
  • 脚本 : 内館牧子
  • 主題歌 : 笑顔が見える場所〜I WANNA GO〜
  • 歌手 : AN−J

エピソードリスト

#1 私より不幸でいて

#1 私より不幸でいて

美人で優秀、スペイン語翻訳家の姉・陽子(松下由樹)に、真面目だけが取り柄でOLの妹・月子(永作博美)は劣等感を感じていた。だが月子に結婚を誓った恋人が現れ…。

#2 百倍にしてやり返す

#2 百倍にしてやり返す

姉妹で同じ兄弟と結婚することを恥じた姉・陽子(松下由樹)の策略により、最愛の人・豹(沢村一樹)との関係が破綻してしまった月子(永作博美)のコンプレックスが爆発。

#3 いっそ死ねばいい!

#3 いっそ死ねばいい!

月子(永作博美)はパリに立つ豹(沢村一樹)へ同行を断られ、淋しく一人暮らしを始めた。そのアパートへある日突然、姉の陽子(松下由樹)が訪ねてきた。

#4 月子の大逆襲始まる

#4 月子の大逆襲始まる

恋人と別れた悲しみから立ち直ろうと仕事に打ち込む月子(永作博美)。その健気な姿に心動かされた上司・航一(仲村トオル)は、月子を会社のコーディネーターに推薦した。

#5 張りめぐらされた罠

#5 張りめぐらされた罠

コーディネーターとして懸命に仕事に取り組む月子(永作博美)は、食事の帰りに送ってもらった航一(仲村トオル)から告白され「付き合うより一緒に暮らしたい」と答えた。

#6 絶対に結婚させない

#6 絶対に結婚させない

仕事も順調にこなし、航一(仲村トオル)との同棲生活をはじめた月子(永作博美)は、航一との生活に幸せへの手応えと陽子(松下由樹)へのささやかな優越感を感じていた。

#7 スカートの下の秘密

#7 スカートの下の秘密

陽子(松下由樹)の様々な嫌がらせを受け、逆に航一(仲村トオル)との絆を深めた月子(永作博美)は、航一からプロポーズされ、陽子夫婦のようにはなりたくないと…。

#8 結婚式当日の略奪

#8 結婚式当日の略奪

月子(永作博美)の提案に悩んだ航一(仲村トオル)だが、同意し週末婚に踏み切ることに。それを両親に報告する月子の幸せな姿に激しくショックを受け陽子(松下由樹)は…

#9 ラブホテルの秘密

#9 ラブホテルの秘密

会社が既婚者女性対象にリストラを進めている為、結婚を延期していた月子(永作博美)と航一(仲村トオル)。だが、同僚に陽子(松下由樹)が二人の同棲を話してしまい…。

#10 女子トイレの対決!

#10 女子トイレの対決!

大きなコンペを抱えた航一(仲村トオル)に緊急の翻訳とコーディネートを頼まれ、航一の職場で働きだす陽子(松下由樹)。それに月子(永作博美)は激しい苛立ちを感じ…。

#11 男に夫を盗まれた妻

#11 男に夫を盗まれた妻

航一(仲村トオル)の父親が急死し、母の照代(夏桂子)に1週間付き添った月子(永作博美)と航一。夫の急死に動揺し同居したいと言う照代、一方、陽子(松下由樹)も…。

#12 義兄との禁断の情事

#12 義兄との禁断の情事

陽子(松下由樹)の画策で航一(仲村トオル)の母が同居すると家に来た。月子(永作博美)はショックで家を飛び出し、救いを求めて思わず豹(沢村一樹)の元へ。しかし…。

#13 どん底まで落ちて

#13 どん底まで落ちて

月子(永作博美)は航一(仲村トオル)との間に距離を感じ、週末婚を止めようと提案する。だが申し出を航一は拒み、週末婚を一年間続けダメなら離婚しようと言うのだった。

さらに読み込む

TBS1 TBS2