覇穹 封神演義

出演

【声の出演】小野賢章、櫻井孝宏、古川慎、中村悠一、KENN、細谷佳正、島崎信長、日笠陽子、浪川大輔、前野智昭、岡本信彦、鳥海浩輔 ほか

  • 今月放送
  • HD

週刊少年ジャンプで2000年まで連載された藤崎竜の大ヒットコミック「封神演義」が、連載から18年の時を経て完全新作のTVアニメに!原作の人気エピソード“仙界大戦”を軸に、古代中国を舞台に巻き起こる仙人たちの戦いを描く。道士・太公望は邪心を持つ仙女・妲己に苦しめられる人間界を救うため、悪しき仙人・道士たちを倒す“封神計画”を実行する旅に出る。声の出演は、小野賢章、櫻井孝宏、古川慎、中村悠一、KENN、細谷佳正、島崎信長ほか。

【ストーリー】
現代(いま)から三千年以上前の古代中国、殷王朝時代。時の皇帝・紂王は、文武両道に長けた明君であった。だが、絶世の美女・妲己を皇后に迎えて以来、かつての明君は、魂の脱殻のような状態に変わり果ててしまう。邪心を持つ仙女・妲己の術によって、紂王はあやつり人形と化しているのだ。妲己とその仲間たちは、王朝を支配し、民を食い物にしながら、自分たちは贅沢三昧の日々を送っていた。
そんな人間界を救うために、悪しき仙人・道士たちを神界に封じ込める“封神計画”が実行に移された。その実行者として、元始天尊によって選ばれたのが、道士・太公望であった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2018年
  • 全話数 : 23話
  • ディレクター・監督 : 相澤伽月
  • 原作 : 藤崎竜(集英社文庫コミック版 ) 安能務訳「封神演義」より
  • 脚本 : シリーズ構成:高橋ナツコ
  • その他 : ※島崎信長の「崎」は正式には、「大」が「立」です。システムの都合上「崎」となっております。 ※楊ぜんの「ぜん」、「なたく」は正式には漢字ですが、システムの都合上、ひらがな表記となっております。

TBSチャンネル2

今月 11/19(月)まで 毎週(月)-(金)午後5:30〜午後6:00

2018年11月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
2018年12月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 11/1(木) 午後5:30〜午後6:00 #11 虫
    • TBSチャンネル2
  • 11/2(金) 午後5:30〜午後6:00 #12 ニューロマンティック
    • TBSチャンネル2
  • 11/5(月) 午後5:30〜午後6:00 #13 鏡
    • TBSチャンネル2
  • 11/6(火) 午後5:30〜午後6:00 #14 寄生
    • TBSチャンネル2
  • 11/7(水) 午後5:30〜午後6:00 #15 SHADOW/光
    • TBSチャンネル2
  • 11/8(木) 午後5:30〜午後6:00 #16 通天教主
    • TBSチャンネル2
  • 11/9(金) 午後5:30〜午後6:00 #17 普賢真人
    • TBSチャンネル2
  • 11/12(月) 午後5:30〜午後6:00 #18 死闘
    • TBSチャンネル2
  • 11/13(火) 午後5:30〜午後6:00 #19 聞仲
    • TBSチャンネル2
  • 11/14(水) 午後5:30〜午後6:00 #20 星降る時
    • TBSチャンネル2
  • 11/15(木) 午後5:30〜午後6:00 #21 閃光・静寂・そして…
    • TBSチャンネル2
  • 11/16(金) 午後5:30〜午後6:00 #22 武雄封神
    • TBSチャンネル2
  • 11/19(月) 午後5:30〜午後6:00 #23 老いたる象徴と風の分岐
    • TBSチャンネル2

エピソードリスト

#1 封神の書

#1 封神の書

紀元前11世紀、殷の時代。悪しき仙女・妲己によって、殷の皇帝・紂王は傀儡と化していた。打倒・妲己の命を受け、道士・太公望が人間界に降り立つ!

#2

#2

妲己の策略の前に自らの無力を思い知らされた太公望は、日々、釣りに明け暮れていた。一方、朝歌には武成王・黄飛虎の盟友である殷の太師・聞仲が遠征から戻ってきていた。

#3

#3

太公望と四不象の前に現れた妲己。予期せぬ襲来にあわてふためく太公望たち。一方、禁城では東伯候の叛乱を鎮圧し再び戻った聞仲に「武成王、造反」の知らせが告げられる。

#4 武成王造反

#4 武成王造反

太公望は西岐で軍師の役職に就く。一方、朝歌を離れ、西岐を目指す武成王一族。今や殷に反旗を翻す存在となった武成王のために、元始天尊は強力な助っ人を用意していた。

#5 二つの道

#5 二つの道

武成王一行を救出するため駆け付けた太公望たち。その前に立ちはだかる聞仲の放った刺客・九竜島の四聖。戦いの火蓋が切られる中、ついに聞仲が戦地に赴く。

#6 老賢人に幕は降り

#6 老賢人に幕は降り

西岐では姫昌が病に倒れていた。もしもの時のため、「次男の姫発に会ってほしい」と頼まれる太公望。姫発の器を確かめるため、太公望は街へ出ることに。

#7 仙界大戦、開幕!!

#7 仙界大戦、開幕!!

ついに仙界大戦の幕が開いた!聞仲は金鰲島を発進させ崑崙山に全面対決を仕掛ける。和解を考えていた太公望も迎撃せざるを得ず、崑崙山の指揮を執ることに。

#8 十絶陣の戦い

#8 十絶陣の戦い

バリアを解除するため、金鰲島に潜入した楊ぜん。十天君の一人、張天君の空間宝貝「紅砂陣」に手こずりながらも、禍々しいオーラとともに”ある変化”をし始める。

#9 神経衰弱

#9 神経衰弱

王天君の予期せぬ手助けで金鰲島のバリア解除に成功した楊ぜん。太公望と四不象、そして楊ぜんの師である崑崙十二仙・玉鼎真人は楊ぜんを救出するため金鰲島に潜入する。

#10 血の雨

#10 血の雨

孫天君の空間宝貝・化血陣に苦戦する太公望たちだったが、ついに化血陣から脱出。そこに王天君から通信が入る。楊ぜんを助けたければ「一人で来い」と王天君は要求して…。

#11 虫

#11 虫

救出された楊ぜんの体は、王天君の宝貝で衰弱しきっていた。一旦、崑崙山へ戻り作戦を立て直す太公望。一方、武成王と天化たちは、董天君の「風吼陣」内に迷い込んでいた。

#12 ニューロマンティック

#12 ニューロマンティック

太公望は昔からの友人である普賢真人とチームを組んで、聞仲がいる金鰲島の核を探すことに。しかし、一行は氷を操る空間宝貝・寒氷陣の中に引きこまれてしまう。

#13 鏡

#13 鏡

古時計が時を刻む宿命の部屋で、ソファに座って向かい合う太公望と王天君。「さぁ、どぉするよ太公望?」王天君の問いかけに、太公望は自らの過去を振り返り始める。

#14 寄生

#14 寄生

楊ぜんを蝕む王天君の寄生宝貝生物。それは楊ぜんだけでなく崑崙山側の仙人たちをも蝕んでいた。金鰲島に潜入した仙人たちも体力を削られていき、太公望たちは危機に陥る。

#15 SHADOW/光

#15 SHADOW/光

玉鼎真人の仇を討つため、王天君に戦いを挑む楊ぜん。だがその行く手を十天君・姚天君と金光聖母が遮る。楊ぜんは韋護となたくと協力して姚天君・金光聖母と戦うが…。

#16 通天教主

#16 通天教主

完全に妖怪に覚醒した楊ぜんを挑発する王天君。楊ぜんは金鰲島の教主・通天教主のもとに導かれる。王天君の狙いは、通天教主と楊ぜんの親子2人での殺し合いだった。

#17 普賢真人

#17 普賢真人

王天君のダニによって疲弊していた十二仙たちは、太公望の指示によって崑崙山に一時回収される。その頃、金鰲島では、なぜか普賢が太公望に睡眠薬を盛っていて…。

#18 死闘

#18 死闘

申公豹は、聞仲がなぜ殷のために戦うのか、なぜ殷の親となったのか、その過去を語り始める。その頃、聞仲との話し合いが決裂した普賢は一人、聞仲に立ち向かっていた。

#19 聞仲

#19 聞仲

激しい聞仲の禁鞭の嵐を、打神鞭の竜巻で凌いでいく太公望。さらに、普賢との特訓で手に入れた「Bクイック攻撃」も決まり、回復した十二仙も駆け付けるが…。

#20 星降る時

#20 星降る時

圧倒的な強さで十二仙たちを一蹴する聞仲。そんな中、太公望が普賢に「星降る時がわしらの最後の好機だ」と、作戦を告げる。普賢は太公望の指示を十二仙に伝えるが…。

#21 閃光・静寂・そして…

#21 閃光・静寂・そして…

決死の覚悟で聞仲とともに自爆した普賢。しかし、聞仲は生きていた。聞仲は狙いを元始天尊に切り替えて単独で崑崙山に乗り込んでいく。残された太公望たちも崑崙山へ急ぐ。

#22 武雄封神

#22 武雄封神

王天君の手で、武成王と引き合わされる聞仲。そこは、紅い霧が煙る禁城。王天君によって集められた太公望たちが見守る中、武成王と聞仲の2人が想いをぶつけ合う。

#23 老いたる象徴と風の分岐

#23 老いたる象徴と風の分岐

『紅水陣』の酸でボロボロの聞仲。最後の力を振り絞り、『紅水陣』を破壊して黒麒麟とともに飛び去っていく。一方、太公望は四不象に乗って、聞仲の後を追う。

さらに読み込む

TBS1 TBS2