クロックワーク・プラネット

出演

【声の出演】南條愛乃、加隈亜衣、大西沙織、松田健一郎、千本木彩花 ほか

地上波TBS深夜枠で2017年4月スタート『クロックワーク・プラネット』が早くもCS初登場!榎宮祐と暇奈椿が手がける人気ライトノベルをアニメ化。死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界“時計仕掛けの惑星(クロックワーク・プラネット)”を舞台に、壮大なアクション&ファンタジーが幕を開ける。あらゆる音を正確に聞き分ける能力を持つ主人公の少年・見浦ナオトを南條愛乃が、また、1000年前に作られたInitial−Yシリーズ壱番機でヒロインのリューズを加隈亜衣が演じる。

番組基本情報

  • 制作年 : 2017年
  • 全話数 : 12話
  • ディレクター・監督 : 長澤剛
  • 原作 : 榎宮祐、暇奈椿
  • 脚本 : シリーズ構成:杉原研二
  • 歌手 : fripSide

エピソードリスト

#1 運命の歯車(ギア・オブ・デスティニー)

#1 運命の歯車(ギア・オブ・デスティニー)

地球が滅び、クロックワーク・プラネットとして再生してから1000年が過ぎようとしていた、ある日の区画・京都。機械オタクの見浦ナオトのもとに、突然黒い箱が降ってきた!

#2 大支柱崩落(パージ)

#2 大支柱崩落(パージ)

「マイスターギルド」の天才技師マリー・ベル・ブレゲは京都コア・タワーを調査しに来たが、軍の不審な動きを察知する。一方、ナオトの高校にリューズが転入してきて…。

#3 真正面突破(コンフリクト)

#3 真正面突破(コンフリクト)

マリーは故障していたはずのリューズを修理したのがナオトだと知り、京都のパージを回避すべく協力を申し出る。一方、マリーは自分を陥れようとする黒幕の存在に気付き…。

#4 虚数運動機関(イマジナリー・ギア)

#4 虚数運動機関(イマジナリー・ギア)

地下にリューズの妹が眠っていると聞き、協力することに決めたナオト。コア・タワーの深層部に潜入し、懸命に作業を進めるが、パージの時間は刻一刻と迫っていた。

#5 撃滅するもの(トリーシュラ)

#5 撃滅するもの(トリーシュラ)

無事、パージを食い止めたナオトたち。だがそこにリューズの妹、アンクルはいなかった。日常に戻ったマリーのもとに、違法とされる電磁技術を使った短波通信が届き…。

#6 大深度地下層からの影(シャドウ・オブ・アンダーグラウンド)

#6 大深度地下層からの影(シャドウ・オブ・アンダーグラウンド)

区画・三重の最下層で、兵器と化したアンクルと対峙したナオトとマリーたち。アンクルと攻防を繰り広げる中、ナオトとリューズは大深度地下層へと落ちてしまう。

#7 首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)

#7 首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)

巨大兵器から人々を救うべく、区画・秋葉原をジャックしたナオトたち。無人となった街で巨大兵器は「軍」とぶつかり合い、リューズは兵器と化した妹のアンクルと戦う。

#8 電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)

#8 電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)

ナオトをマスターとすることで、「撃滅するもの」の呪縛から解かれたアンクル。アンクルの持つキューブから、マリーに短波通信を送った主、ベルモットが現れて…。

#9 空前絶後の犯罪(クリミナル・アクト)

#9 空前絶後の犯罪(クリミナル・アクト)

電磁波の影響で動きを止めたリューズとハルターを直すべく、ナオトたちは区画・上野のコンラッドの元へ向かう。そこでベルモットから、八束脛の真の目的を知らされて…。

#10 自動人形を繋ぐもの(プログレッサー)

#10 自動人形を繋ぐもの(プログレッサー)

区画・秋葉原を脱磁させるために、国の中枢にして日本中の区画の中心である「天御柱」を乗っ取ることにしたナオトとマリーたち。星宮蓮子を人質に「犯行声明」を出すが…。

#11 天才の理論(セオリー・オブ・Y)

#11 天才の理論(セオリー・オブ・Y)

マリーのかつての学友・星宮蓮子とともにクーデターの行方を見守るナオトたちは、日本政府が八束脛に「トールワンド」を投下することを知る。いよいよ投下時刻が迫り…。

#12 終焉機動(スティール・ウェイト)

#12 終焉機動(スティール・ウェイト)

ナオトとマリーが世界を再構築する中、アンクルは八束脛の暴走を止めるため一人立ち向かう。リューズ、ハルター、ベルモットも戦いながら二人の起こす奇跡を願っていた。

さらに読み込む

TBS1 TBS2