笑ゥせぇるすまん 年末特大号

出演

【声の出演】大平透、塚田正昭、塩屋浩三、藤原啓治、阪修、菅原淳一 ほか

  • 放送未定

原作は藤子不二雄(A)のブラック・ユーモア漫画。今回は1993年12月の年末特大号で放送された5作品をドーンとまとめてオンエア!喪黒福造がココロのスキマを埋めるどんな人物が登場するのか!?

【ストーリー】
「邯鄲の夢枕」
家でも会社でも邪険に扱われているサラリーマンの霞(51)は、喪黒から必ず良い夢が見られるという「邯鄲の夢枕」をもらう。この枕で理想的な夢の世界を堪能する霞は夢におぼれてしまい、安眠できる場所を探し街をさまようことに。
「豹変ゴルファー」
サラリーマンの押井(44)は普段はおとなしい性格だが、ゴルフになると普段のストレスが爆発して人格が豹変してしまう。そこで喪黒は押井に暗示をかけ、クラブを握っても紳士的なプレーに徹するようにする。だがそこには意外な落とし穴があった。
「オールド・シネマ・パラダイス」
時代劇好きの劇画家・勝戸(31)はチャンバラ漫画を描くが、編集者から流行らないと言われ、妻からも売れないことを叱られる。自分の漫画を否定された勝戸は、喪黒から紹介された時代劇専門の映画館でストレスを発散させる。
「リストラの男」
今まで事務畑で働いてきたセールスマンの彼木(53)は、突然会社から車のセールスへ配置転換された。だが、慣れないセールスに車は1台も売れずに悩んでいた。そこで喪黒は彼木のコーチ役として只野という男を紹介。只野の仕事ぶりに彼木は営業の極意を学ぶ。
「下り電車への招待」
毎朝通勤電車に揺られているサラリーマンの夢野(26)は、喪黒にいつもと逆の下り電車に乗せられる。郊外の駅で降りた夢野は、美人女将のいる居酒屋の2階に居着いてしまい、会社を辞めて第二の人生をやり直そうと決心する。

番組基本情報

  • 制作年 : 1993年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : シンエイ動画
  • プロデューサー : 児玉征太郎
  • ディレクター・監督 : 総監督:クニ・トシロウ、監督:米谷良和
  • 原作 : 藤子不二雄(A)
  • 脚本 : 梅野かおる
  • その他 : ※原作者・藤子不二雄(A)の「(A)」は正式には、○の中に「A」です。システムの都合上「(A)」となっております。
TBS1 TBS2