アイドルマスター

出演

【声の出演】中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、仁後真耶子、浅倉杏美、平田宏美、下田麻美、釘宮理恵、たかはし智秋、原由実、沼倉愛美、若林直美 ほか

  • 放送未定

アイドルプロデュースゲーム「アイドルマスター」をTVアニメ化。2005年7月、ゲームセンターのアーケード版から、その第一歩を踏み出した「アイドルマスター」。プロデューサー(=ゲームのプレイヤー)の熱い応援に支えられた“アイマス”は、それから毎日夢に向かって進み続け、ゲーム業界を席巻している。そして、その夢の舞台はジャンルという垣根を越えてテレビアニメ界へと進出。ノンストップで進行するアニメ版では、原作ゲームの世界を再現し、“765プロダクション”所属のアイドルたちの活躍と成長を描く。

番組基本情報

  • 制作年 : 2011年
  • 全話数 : 25話
  • 制作 : NBGI/PROJECT iM@S
  • プロデューサー : 山口泰広、鳥羽洋典、国崎久徳、植村俊一
  • ディレクター・監督 : 錦織敦史、高雄統子
  • 原作 : バンダイナムコゲームス
  • 脚本 : シリーズ構成・脚本:待田堂子、錦織敦史
  • 主題歌 : READY!!
  • 歌手 : 765PRO ALLSTARS

エピソードリスト

#1 これからが彼女たちのはじまり

#1 これからが彼女たちのはじまり

芸能事務所“765プロダクション”に密着取材のカメラが入ることに。カメラは、輝くアイドルたちの姿を撮影するはずだったが、取材は一筋縄ではいかず…。

#2 “準備”をはじめた少女たち

#2 “準備”をはじめた少女たち

プロフィールの写真を撮り直すことにしたアイドルたち。伊織の提案で、伊織、やよい、亜美・真美の4人は、みんなに内緒である作戦を立てる…。

#3 すべては一歩の勇気から

#3 すべては一歩の勇気から

ついに765プロのアイドルたちが、夏祭りイベントでのミニライブに出演することが決定した。期待に胸躍らせ、意気揚々と会場の村へと向かう一行だったが…。

#4 自分を変えるということ

#4 自分を変えるということ

ケーブルテレビ局のお料理番組に出演することになった春香、千早、響、貴音の4人。だが千早だけが、どうしても番組のバラエティ的なノリについていけずにいた。

#5 みんなとすごす夏休み

#5 みんなとすごす夏休み

エアコンが壊れて蒸し風呂状態となった事務所を抜け出し、海へ慰安旅行に出かける765プロの面々。アイドルたちは水着に着替えて浜辺で思いっきりはしゃぐ。

#6 先に進むという選択

#6 先に進むという選択

律子プロデュースによる新ユニット“竜宮小町”が鮮烈なデビューを果たした。大忙しのメンバーに比べ、他のアイドルたちの予定は相変わらず真っ白で…。

#7 大好きなもの、大切なもの

#7 大好きなもの、大切なもの

ひょんなことから、やよいの家で夕飯をご馳走してもらうことになった伊織と響。二人は、そこで元気いっぱいのやよいの兄弟たちの出迎えを受けて…。

#8 しあわせへの回り道

#8 しあわせへの回り道

教会で結婚雑誌のモデルの仕事をすることになったあずさ、美希、真の3人。ところが撮影の合間に、突然現れた黒服の男たちにあずさが連れ去られてしまう。

#9 ふたりだから出来ること

#9 ふたりだから出来ること

伊織が買っておいた超人気スイーツ“ゴージャスセレブプリン”がなくなった。プリンを食べた犯人を見つけるべく、亜美と真美は、ノリノリで捜査に乗り出す。

#10 みんなで、少しでも前へ

#10 みんなで、少しでも前へ

年に一度の“芸能人事務所対抗運動会”に、初出場した765プロ。力を合わせて競技に臨み、人気グループを抱えるこだまプロと、接戦を繰り広げる。

#11 期待、不安、そして予兆

#11 期待、不安、そして予兆

念願の765プロ感謝祭ライブの開催が決定。さっそく本番に向けて、歌やダンスの猛特訓を始める。しかし、メンバーの中でも個人の実力差はバラバラで…。

#12 一方通行の終着点

#12 一方通行の終着点

「頑張れば、竜宮小町に入れる」と信じていた美希は、律子によってそれが誤解だったことを気づかされる。目標を失った美希は、練習にも顔を出さず…。

#13 そして、彼女たちはきらめくステージへ

#13 そして、彼女たちはきらめくステージへ

765プロ感謝祭ライブの本番当日。ところが、竜宮小町のメンバーと律子が台風による暴風雨で足止めをくらい、本番に間にあうか分からないという…。

#14 変わりはじめた世界!

#14 変わりはじめた世界!

感謝祭ライブが終わり、竜宮小町に続いて他のメンバーたちの人気も急上昇し始める。そんなある日、765プロのアイドルみんなで雑誌の表紙を飾ることに…。

#15 みんな揃って、生放送ですよ生放送!

#15 みんな揃って、生放送ですよ生放送!

765プロのアイドル全員が出演する生放送バラエティ番組“生っすか!?サンデー”。企画コーナーやコントなど盛りだくさんの内容でお届けする。

#16 ひとりぼっちの気持ち

#16 ひとりぼっちの気持ち

響とペットのいぬ美がメインで出演するバラエティ番組の収録日。ところが、収録当日にいぬ美とケンカをしてしまった響は、いぬ美不在のまま収録に臨むことに。

#17 真、まことの王子様

#17 真、まことの王子様

“男の子のような女の子”として、女性ファンに大人気の真。“王子様”という愛称までついてしまい、「本当はお姫様になりたいのに」と、思わずため息をついてしまう。

#18 たくさんの、いっぱい

#18 たくさんの、いっぱい

竜宮小町のシークレットライブ直前、あずさがおたふく風邪で本番に出られなくなってしまう。伊織と亜美は、律子に代役としてステージに立ってもらうことを思いつく。

#19 雲間に隠れる月の如く

#19 雲間に隠れる月の如く

レコード会社社長と一緒にいるところを撮られた貴音は、ゴシップ誌に“引き抜き疑惑”の記事を掲載される。根も葉もない話だと断言する貴音だったが…。

#20 約束

#20 約束

千早の過去に関するスクープ記事がゴシップ記事に掲載された。ショックを受けた千早は歌うことができなくなり事務所にも来なくなってしまう。

#21 まるで花が咲くように

#21 まるで花が咲くように

千早の復帰を受けて、一段と団結力を増した765プロのアイドルたち。だが、それを快く思わない961プロの黒井社長は、最後の罠を仕掛ける。

#22 聖夜の夜に

#22 聖夜の夜に

春香はこれまでと同様、今年も765プロのみんなでクリスマスパーティーをしようと張り切る。しかし、イベントや年末年始の特番収録で忙しく…。

#23 私

#23 私

新しい年を迎え、相変わらず大忙しのアイドルたち。ニューイヤーライブの開催も決定し、練習もスタートするが、忙しさのためなかなかメンバーがそろわない。

#24 夢

#24 夢

一命は取り留めたものの、絶対安静の身となったプロデューサー。知らせを受けて駆けつけたアイドルたちは、容態を心配して不安げな表情を見せる。

#25 みんなと、いっしょに!

#25 みんなと、いっしょに!

ニューイヤーライブ当日。それぞれにとっての「“アイドル”の形とは何か」を見つけた765プロメンバーたちは、最高の笑顔でステージに臨む。

さらに読み込む

TBS1 TBS2