TBS 「スパモク!!」

毎週木曜日よる7:00から

笑いあり!感動あり!なんでもあり!の2時間!コレを見れば週末元気に過ごせます!

出演者


今後の放送予定

9月27日放送予定
ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!

※ 放送内容は変更する場合があります。


次回放送は…?

2012年1月19日 放送

スパモク !!
激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時

見どころ

2011年はサッカー女子日本代表がワールドカップで優勝。「なでしこ」な女性たちの活躍が目立った年だった。この番組ではこれまで男性社会と言われた過酷な現場の最前線で活躍する女性たちに注目!特別な知識や訓練を生かし、男性たちと対等に仕事に情熱を傾ける女性たちを長期密着する。

緊迫した犯罪現場に乗り込む「女性警察官」、救急医療に情熱を注ぎ24時間以上の過酷な勤務をこなす「女性医師」。また、安易に万引きを繰り返す“女性”に対し、厳しい目で保安活動をし、月に約60名の万引き犯を摘発した27歳の若き凄腕「万引き女性Gメン」、国境警備にあたる海上保安庁の大型ヘリの「女性パイロット」らが登場する。

彼女たちは、何が起こるか分からない緊張続きの現場の最前線で、的確な判断を下しながら活躍するプロフェショナルだ。彼女たちの凛とした姿を余すところなく紹介する!


内容

(1)警視庁 第二自動車警ら隊 自動車警ら隊とは本部直轄のパトカーに乗り、制服で事件や重大事故に対応する精鋭部隊。特に第二自動車警ら隊は新宿・池袋・大塚等を管轄、都内でも事件が多発する地域を担当する。警視庁でも多忙な部署で、突発的に発生する凶悪事件等の初動捜査にあたる“スキル”の高い警察官が選抜されている。屈強な男性警察官とペアを組んで日夜活躍している女性警察官に密着!巡査部長(39歳・3児の母)が新宿・歌舞伎町で職務質問をしようとした男が突然逃走。その男を調べると、覚せい剤を持っており薬物の常習者であった。巡査部長はそんな男に優しく接しながらも現行犯逮捕する。男は最後に“これをきっかけに薬はやめたい”とつぶやく・・・。
また、24歳の新人隊員は“笑顔を忘れない”がモットーの元気娘。母親も警視庁に勤務、親子二代の女性警察官だ。今、臨場できるのは先輩たちのおかげであり、これからは自分たちの仕事ぶりが後輩の礎になる、と語る。

(2)神奈川県警 戸部警察署 地域課 横浜駅西口交番
上智大学文学部を卒業し、警察官になった29歳の「お嬢さん警察官」。両親ももちろん、兄弟、親戚にも警察官はいない。就職活動時にやりがいを考え神奈川県警に就職。武道も警察学校に入って初めて学んだという女性だ。横浜駅西口交番は神奈川県内でも多忙な交番。次々に飛び込んでくる事件に対応する彼女と、その署員の奮闘ぶりを追った!

(3)万引き女性Gメン 29歳の女性Gメンは元マンガ喫茶の店長。何となく保安員となるが、今では1か月でおよそ60人の万引き犯を摘発するという全国の女性保安員の中で断トツの記録を持つ。
ある日、彼女は40代女性の万引きを確認。調べてみると中国から日本に帰化したばかりの女性。40代女性は“間違えたらどう責任取るの!”と強気に息巻く…

(4)日本大学医学部付属板橋病院 救急救命センター女性医師
緊急搬送で担ぎ込まれてきたのは20代の屈強な男性。先輩から酒を飲まされ急性アルコール中毒でセンターへ。しかし、男性は暴れて大声を上げ“触ると殺す!!”と大騒ぎ!38歳の女性医師が冷静に対処すると 翌日には回復。「殺されなくてよかった!」と彼女。

(5)海上保安庁第11管区所属 ヘリパイロット補佐
海上保安庁にはまだ女性パイロットが数名いるだけ。その中で期待の若手として配属された31歳のパイロット補佐。彼女の厳しい訓練風景に密着した!