コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

プロフィール

内藤大助熊朝忠

熊 朝忠(ユウ・チョウチュウ)

熊 朝忠ユウ・チョウチュウ

WBC世界フライ級10位
前ABCO(アジアボクシング評議会)
ライトフライ級王者
生年月日
1982年10月3日生(26歳)
出身
中国雲南省出身
身長
150.5cm
プロ通算戦績
14戦12勝(8KO)1敗1分
タイプ
スピーディーな攻撃でKOを重ねるハードパンチャー
打たれ強さとスタミナも兼ね備える万能ボクサー

少数民族の出身
両親は雲南省文山県。少数民族の苗(ミャオ)族。3人兄弟の次男。
実家は農家で、バナナやゴムを売ることで生計を立てていた。兄と弟は既婚だが、朝忠は独身。
ボクシング歴わずか3年半 山で鍛えた野人ボクサー
家庭が裕福ではなかったため熊は運動の専門学校やボクシングジムなどには通わず、自宅周辺の山で独自の方法で体を鍛えてきた。
2006年、ボクシングジムに見学に行った際、ジムのトレーナーが熊の鍛え上げられた肉体とボクシングセンスを見て一目惚れ。これを機に熊はプロボクサーを目指すこととなった。
並外れたスピードとパンチ力
2008年3月21日、四川省で行われたWBCアジアタイトルマッチにおいて1ラウンド2分24秒で相手をノックアウトしタイトル獲得。さらにこのパンチを食らった相手の選手は数分間気絶したまま立ち上がることができなかった。この試合で熊の名前は一気に国内に広がり、いまや国内NO.1プロボクサーと評されている。
山で鍛えた高い身体能力をもつ万能ボクサー
幼い時から野山で鍛えた肉体は打たれ強さと瞬発力を併せ持ち、さらに12勝のうち8KOと高いKO率も誇る。また所属のジムは標高2000m近い雲南省の省都・昆明にあるため、日々のトレーングがいわゆる「高地トレーニング」であり、スタミナにも絶対の自信を持っている。