スパニチ!!『アメリカを笑わせろ!』

2011年3月6日(日)ごご2:00から

「スパニチ!!『アメリカを笑わせろ!』」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

MC今田耕司、発案・マシ・オカ
全世界に海外セールスを行うという今までにない新しいタイプの番組が誕生!!
その名も『アメリカを笑わせろ!』

TBSでは、アメリカの大ヒットドラマのメインキャスト、マシ・オカ氏発案のバラエティ番組を放送する。日本のバラエティ企画を海外に売り込むべく、番組MC今田耕司の進行で、芸人プレゼンターが様々な企画をスタジオにいるマシ・オカ氏、アメリカのTV制作プロデューサーにプレゼン、評価が良ければ実際にアメリカに企画を持っていき、全世界に海外セールスを行うという今までにない新しいタイプの番組をお楽しみいただく。
果たして日本のお笑い好きで知られているマシ・オカ氏やアメリカのプロデューサーが気に入る企画はいくつあるのか!?全世界に海外セールスを行う企画は誕生するのか!?

内容

<企画VTR例>
(1)カップルチョイス WIN OR LOSE
プレゼンター フットボールアワー後藤
出演者 一般人カップル&一般男性10名
内容
自分の彼氏が、一般人と比べてどれだけイケてるか?を彼女が判断。一般女性観50人が、事前に彼氏と、ランダムに集められた男性10名を比べて「どちらがイケてるか」を投票。チャレンジャーの彼女は、出て来た人物が自分の彼氏よりイケてるかイケてないかを判定して境界線を当てられたら成功。

(2)双眼鏡競技対決
プレゼンター:ケンドーコバヤシ
出演者:
よしもと若手芸人(ワッキー、ハイキングウォーキング、平成ノブシコブシ)
たけし軍団レジェンド芸人(井手らっきょ、松尾伴内、松村邦洋、なべやかん、山崎まさや)
内容
双眼鏡をつけたまま様々な競技を行っていく。対戦は吉本若手芸人VSたけし軍団レジェンド芸人。競技は障害物レース、フットサル、バスケットボールなど。実況&解説のケンドーコバヤシが双眼鏡をつけた状態で競技が出来るのか?を観察していく。

他、多数企画を放送予定!!


【今田耕司コメント】
アメリカ人にウケるのか的な企画自体はあるんですけど、実際に現実的にマシ・オカさんがアメリカに持っていくわけで、今までになかった番組だと思います。また、収録してみて、観覧客としていらしてたアメリカ人の反応も良かったですしね。本当にアメリカに持っていったときに、どう受け入れられるのか楽しみですし、逆にこういった意欲的な試みをする番組が、日本でどういう反応をされるのかも楽しみです。

【マシ・オカコメント】
常々、僕は日本のバラエティ番組が好きで"日本の宝"だと思っているんです。もちろん今までも『風雲!たけし城』や『SASUKE』など、日本の番組がひとつのアイディアとして、アメリカに売れるケースはありました。それを今回の番組では、いろんな企画や複数のコーナーが詰まった日本の今のバラエティ番組をそのままに近い形で、アメリカで制作できないかと思ったんですね。しかもそれをTBSさん、レベレイ社さん、よしもとさんの共同制作という形でチャレンジできる。日本のバラエティ番組の良さをそのまま、海外へ持っていけることになりますし、その試みに関われるというのはうれしいですね。

【TBS×吉本興行×レベレイ社共同プロデュースについて】
株式会社TBSテレビと吉本興業株式会社、そして米国のTV制作会社レベレイ社は、新作バラエティ番組『アメリカを笑わせろ!』を共同制作し、共同で海外セールスするという新たなビジネスにトライすることになりました。
今回、3月6日(日)に放送する『アメリカを笑わせろ!』は、日本市場だけでなく、番組制作前から世界展開を前提にしており、日本版収録時に、米国人出演者による英語パイロット版も同時に制作する初めての試みです。日本版は日本向けに、海外放送版(当初はアメリカを想定)はアメリカ向けにそれぞれローカライズした番組内容にするのも今回の企画の特徴です。共同制作のみならず、海外セールスも共同で行い、4月にフランス・カンヌで行われる世界最大規模の国際テレビ見本市を皮切りに、今後、北米をはじめヨーロッパ・南米・アジアほか全世界に海外セールスを行う予定です。

出演者

MC:
今田耕司
青木裕子(TBSアナウンサー)

プレゼンター(50音順):
有吉弘行
ケンド−コバヤシ
後藤輝基(フットボールアワー)
ゴリ(ガレッジセール)
椿鬼奴

審査員:
マシ・オカ
マシュー・グリック(レベレイ社クリエイティブ部門副社長)
ケネス・ペクター(メディアプロデューサー)

限界オークション(50音順):
オリエンタルラジオ
パンクブーブー
フルーツポンチ

スタッフ

企画:マシ・オカ

製作:
TBS
吉本興業

制作協力:
b-DASH
ジャパンPRODUCE
レベレイ社

監修:合田隆信

スーパーバイザー:
マシュー・グリック(レベレイ社)
頼廣彰伸(よしもとエンターテインメントUSA)

プロデューサー:
生沼教行(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
宮本稔久(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
林敏博(ビーダッシュ)
立石憲一郎(ジャパンプロデュース)

演出:
岡田秀行(ビーダッシュ)

構成:
高須光聖(カイト)
そーたに(ミヨミヨ)
鮫肌文殊(古館プロジェクト)
永井孝裕

編成:
吉田裕二
時松隆吉