月曜ゴールデン『映画「ROOKIES-卒業-」』

2011年8月8日(月)よる9:00から

「映画「ROOKIES-卒業-」」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

ニコガク野球部の情熱は甲子園まで届くのか?彼らが見た夢の果てとは?
今、最高に熱い最後の夏が始まるーーー。

 2009年No.1ヒット映画「ROOKIES-卒業-」!
 『ROOKIES』は、2008年4月よりTBS系土曜8時枠で連続ドラマとして放送され、最終回は19.5%(関東)を記録し、日本中に一大ROOKIES旋風を巻き起こした。映画化が決定し、2009年5月30日(土)より全国428スクリーンで公開された映画「ROOKIES-卒業-」は、2009年公開映画(邦画・洋画など全て合わせて)第1位となる興行収入85.5億円という大記録を達成!
 原作は1998年から2003年まで「週刊少年ジャンプ」に連載され、累計2000万部を売上げていた森田まさのりの同名ベストセラー・コミック。 
 高校野球を通して問題児たちに夢を持つことの大切さを教える熱血教師と、そんな彼に導かれながら甲子園を目指して奮闘する生徒の成長と絆を描く感動巨編『ROOKIES』は、主人公たちの青春模様に魅せられた若者を中心に、幅広い層からの圧倒的な支持を集めた。
 TVドラマ『ROOKIES』では、佐藤隆太演じる新任の熱血教師・川藤幸一が、舞台となる二子玉川学園高校、通称"ニコガク"に赴任し、崩壊状態にあった野球部を立て直す過程が描かれた。
 川藤の想いに応え、夢を再び持ち始めた部員たちが夏の甲子園・予選大会で激闘を見せる最終回は、自身の過去の不祥事をマスコミに取り沙汰されてしまった川藤がニコガクを去る衝撃の展開に。しかしながら、その後教員採用試験を受け直し、ニコガク教師に復帰した川藤が、野球部メンバーの前に再び姿を現す感動的なラストシーンで幕を閉じた。
 続編にあたる映画では、2年生だった野球部メンバーが3年生となり、川藤と共に最後の甲子園を目指す。さらには、野球部員たちの卒業までが描かれるなど、映画ならではのオリジナル・ストーリーとなっている。
 キャストには川藤幸一役の佐藤隆太をはじめ、野球部ピッチャー・安仁屋恵壹役の市原隼人、キャプテン・御子柴徹役の小出恵介ら、TVドラマのオリジナルメンバーが再結集。そして、新野球部員の赤星奨志、濱中太陽、中学時代の安仁屋と因縁のある敵校エース、川上貞治といった、TVドラマでは扱われなかった原作の人気キャラクターが登場する。
 ニコガク野球部の情熱は甲子園まで届くのか?
 彼らが見た夢の果てとは?
 今、最高に熱い最後の夏が始まるーーー。

内容

 二子玉川学園高校に赴任してきた新米教師・川藤幸一(佐藤隆太)。教師としての希望に燃える彼は、昨夏の甲子園・予選大会中に起こした不祥事により、活動停止状態になったまま荒れた日常を送る野球部の面々、安仁屋恵壹(市原隼人)、新庄 慶(城田 優)、関川秀太(中尾明慶)、若菜智哉(高岡蒼甫)、平塚 平(桐谷健太)、岡田優也(佐藤 健)、湯舟哲郎(五十嵐隼士)、桧山清起(川村陽介)、今岡 忍(尾上寛之)に出会う。「夢に向かって一緒にがんばろう」と瞳を輝かせる川藤に対し、「夢を持っても無駄」と言い放つ部員たち。だが、野球部の復活を人一倍望んでいた御子柴徹(小出恵介)だけは、川藤の存在に熱いものを感じていた。
 そんな川藤の熱血指導によって、御子柴と関川が野球部に復帰したのを皮切りに、再出発に向けて動き始めたニコガク野球部。甲子園を目指す厳しさを誰よりも知る安仁屋も、最後まで川藤に反発していた新庄も、野球への情熱と友情、そして川藤の誠意には抗えなかった。
 こうして迎えた夏の甲子園・予選大会。ニコガク野球部は他を圧倒する快進撃を見せるが、4回戦を控えたある日、川藤が過去に起こした暴力事件が新聞記事として取り沙汰され、高野連に問題視されてしまう。結果、川藤は学校を去り、野球部は因縁の相手、目黒川高校との4回戦に勝利したものの、それぞれが心に大きな穴を開けることに。次の春、川藤が再び姿を現すまでは…。
 (※ここまでがTVドラマ)
 
 (※映画版ストーリー)
 野球部の面々が3年に進級し、川藤が二子玉川学園高校の教師に返り咲いた2009年春の新学期。ニコガク野球部には新入生2人がやって来た。1人は有望選手として中学時代から名を轟かせている赤星奨志(山本裕典)、もう1人はひょんな誤解から平塚をヒーローと崇めるようになった濱中太陽(石田卓也)。しかし、メジャーリーグを目指しているという赤星は「自分には高校野球の練習など必要ない」と横柄で反抗的。本当は頼りない平塚の実態を知った濱中も、理想のヒーロー像を打ち砕かれ、すっかり拗ねてしまう。そんな中、不良生徒2人にからまれた赤星を庇い、御子柴が下腿骨を骨折。夏の予選大会への出場が絶望的となる。ギプス姿で病院のベッドに横たわる御子柴を前に、大会での活躍を誓う部員たち。そんな彼らの決意が、やがて赤星や濱中の心も溶かしていく。
 ついに迎えた予選大会。そこには決死のリハビリを経た御子柴の姿もあった。1回戦、2回戦と順調に駒を進め、準決勝でも会心のプレイを見せたニコガクナイン。決勝の相手は、中学時代の安仁屋を生まれて初めて三打席連続三振に追い込んだ相手、川上貞治をピッチャーに擁する笹﨑高校だ。その笹﨑側の巧妙な作戦と川上のフォークボールを前に、ニコガクは大苦戦。川上に向けられた安仁屋の闘志も空回りしてしまう。そんな中、若菜に悲劇が……。 
 果たして、ニコガク野球部は夢の甲子園に行くことができるのか!?

出演者

佐藤隆太
市原隼人
小出恵介
城田 優
中尾明慶
高岡蒼甫
桐谷健太
佐藤 健
五十嵐隼士
川村陽介
尾上寛之
山本裕典
石田卓也
  ○
綾瀬はるか(特別出演)
渡部篤郎(特別出演)
  ○
村川絵梨
武田航平
  ○
天野ひろゆき
能世あんな
平山広行
浅野和之
  ○
吹石一恵
大杉 漣
伊武雅刀

スタッフ

企画プロデュース:
石丸彰彦

監督:
平川雄一朗

原作:
森田まさのり「ROOKIES」(集英社刊)

脚本:
いずみ吉絋


banner_AD