旅RUN in トルコ 〜道端ジェシカ 世界遺産を走る〜

2011年9月19日(月)あさ9:55から

「旅RUN in トルコ 〜道端ジェシカ 世界遺産を走る〜」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

文明のクロスロード、トルコの世界遺産を道端ジェシカが走る

 旅先を自分の足で走ることで、その土地の空気や自然を感じ、普段の旅と違った心地よさを見つける旅、それが『旅RUN』。
 2009年9月から毎年放送しているシリーズ企画の3回目。今回の舞台は、ヨーロッパとアジアが初めて出会う文明の十字路として栄えたトルコ共和国。
 そのトルコを『旅RUN』するのは、女性ファッション誌をはじめTV、CMで大活躍中の道端ジェシカ。「走るのが大好き」というジェシカが新しい旅に挑戦する。

内容

 エキゾチックでダイナミックな国土を持つトルコ。世界遺産に登録された古都イスタンブールと奇岩地帯のカッパドキアが今回の『旅RUN』の舞台だ。
 走り好きの道端ジェシカがまず『旅RUN』するのは、ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパとアジアが向かい合う街、イスタンブール。ジェシカは、宮殿やモスクが立ち並び、ヨーロッパのキリスト教文化とオスマン帝国のイスラム教文化が見事に融合した街を走る。
 次にジェシカが向かったのは、“絶景&奇景の中を走ってみよう!”というコンセプトで選んだ奇岩地帯、カッパドキア。カッパドキアは標高1000メートルを超える高原に位置し、きのこのような岩がそびえ立つ岩石地帯で、トルコが誇る世界遺産の1つ。ジェシカは、この奇岩地帯を『旅RUN』する。
 トルコは大の親日国家。トルコと日本の間には120年間の友好の歴史がある。ジェシカは、イスタンブールの旧市街にあるエジプシャンバザールを訪ねたり、カッパドキアの奇岩で暮らす女性と出会い、親しげに語りかけてくるトルコの人々や、ヨーロッパとアジアの影響を受けながら発展してきた文化にすっかり魅了される。『旅RUN』でしか味わえない出会いに、心が癒されていく。

ひとこと

<道端ジェシカ>
普段走ることがない場所を『旅RUN』したので、すごく挑戦的で楽しかったです。トルコの人は優しくフレンドリーでした。また、びっくりするぐらい日本語が通じるので、日本はトルコで人気なんだと思いました。

<プロデュサー・今村晃一>
ジム通いと週2回のランニングは欠かさず、トライアスロンも完走するというジェシカさん。走りの美しさは芸能界でもトップクラス。そんな「美ジョガー」のジェシカさんがエキゾチックな古都の街とダイナミックな奇岩地帯を走ります。これまで誰もが経験したことが無い『旅RUN』をどうぞご覧下さい。

出演者

道端ジェシカ(モデル)

スタッフ

製作著作:
RKB毎日放送

プロデューサー:
今村晃一
関根聖一郎(テレビマンユニオン)

ディレクター:
齋藤龍太(テレビマンユニオン)
小堺有希子(テレビマンユニオン)


banner_AD