新春歴史ロマンSP 戦国武将の真実…時代を変えた奇跡の瞬間!
愛と野望の開運伝説

2011年1月2日(日)よる6:30から

「新春歴史ロマンSP」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の天下統一が甦る!
旅紀行、再現ドラマ、スタジオトークを駆使して歴史の謎に迫る!

 天下統一を夢見た戦国武将たち、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が成し遂げた奇跡ともいえる偉業にスポットを当てる。
 三人の武将たちは卓越した戦略性、革新性、人心掌握そして政治力などによって大事業を達成した。だがその時、彼らは神仏の力も頼りにしたという。魔界への畏怖の気持ちが意志決定を左右していたのではないか。この番組は神仏や魔界というこれまで語られなかった視点から戦国三武将の足跡に迫る。
 武将たちが戦勝祈願をした神社など、武将ゆかりの場所は、現在もふしぎな力が宿ると考える人々も多く、パワースポットとして注目を集めている。
 番組は、戦国マニアのリポーターが古戦場などを訪ねる旅紀行、天下統一の過程に起こった珠玉のエピソードが甦る再現ドラマ、歴史好きな俳優やタレントたちが熱く語るスタジオトークで構成される。それぞれの手法によって情報が補強され、歴史の謎が次第に明らかになるにつれ、視聴者の興味も加速するはずだ。

内容

■織田信長 魔王と名乗った男
 信長は信仰深く、迷信に頼っていた。信長は長篠の戦や桶狭間の戦など大一番に向かうときは、名古屋にある熱田神宮で必勝祈願を行った。その時神宮でふしぎな現象が起こったと伝えられる。
 また、宣教師ルイス・フロイスの「日本史」によると信長は盆山という巨石を御神体として安土城に安置し、家臣や領民に崇拝を命じたという。自ら神になろうとした信長の生涯を描く。

■豊臣秀吉 女と神に愛されて出世した男
 秀吉の妻、ねねが建てた京都の高台寺には秀吉ゆかりの品々が眠る。秀吉のお気に入りだった三面大黒天や、秀吉が戦場からねねに送った手紙などを紹介する。
 秀吉は同じく京都の伏見稲荷大社に母親の延命祈願をした。母を思う秀吉の切ない気持ちが伝わる。

■徳川家康 戦国一信心深かった男
 愛知県岡崎市にある大樹寺は松平・徳川家の菩提寺。桶狭間の戦で信長に惨敗した家康はこの寺で自害しようとした。だが住職に平和な世の中を実現させるのが使命と諭され、留まった。
 時は流れ、関ヶ原の合戦にあたり家康が戦勝祈願をしたのが東京の品川神社。天下分け目の戦いで家康を勝利に導いた神社を訪ねる。

出演者

MC:
田村淳
沢村一樹

ゲスト:
高畑淳子
オードリー
ビビる大木
優木まおみ
雛形あきこ
荒俣宏
加来耕三

スタッフ

製作:
テレビマンユニオン
TBS


プロデューサー:
高橋才也

チーフディレクター:
高橋才也

編成担当:
津村有紀
戸田郁夫