岡村隆史の世界の秘境で巨大生物を捕獲せよ 世界モンスターハント

2013年12月22日(日)よる7:00から

「岡村隆史の世界の秘境で巨大生物を捕獲せよ 世界モンスターハント」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

世界各地には未知なる巨大生物が潜んでいる!
岡村隆史がハンターたちの激闘を紹介!!

 2013年1月、突如ダイオウイカが話題になったことは記憶に新しいが、世界には我々が知らない巨大生物がたくさんいる。未知との遭遇に人はワクワクし、ドキドキする。
 MCの岡村隆史(ナインティナイン)は大の動物ドキュメンタリー好きとして知られている。そんな彼がロマンを求める高橋克典、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)らゲストたちとともに、世界各地にいるハンターたちが未知なる巨大生物を発見・捕獲するまでのリアルなモンスターハントを紹介する。

内容

<ハンターたちの激闘>(※予定)
■小塚拓矢VS巨大魚
 冒険好きや釣りファンから熱い注目を浴びている小塚拓矢。人呼んで“怪魚ハンター”。単身パプアニューギニアに渡り「オセアニアの闘神」と呼ばれる怪魚パプアンバスを仕留めたり、アマゾンでは2mを 超えるピラルクーを釣り上げた実績を持つ。
そんな彼が今回、2種類の巨大魚に挑戦する。まずは南米コスタリカに生息するターポン。昔からほとんど姿を変えることなく生き延びている“古代魚”であり、体長250cm、体重160kg以上の ターポンが捕獲された記録があるという。そしてケニアではゴールデンナイルパーチという巨大魚と格闘する。ナイルパーチは大きなものは体長2m、体重200kgに達するというアフリカに生息する巨大魚。
 小塚は巨大な魚たちを釣り上げることはできるのか!?

■“シャークハンター”キャプテン・マーク
 フロリダでスポーツフィッシングの船会社を経営しているキャプテン・マークは長年巨大なサメを吊り上げてきた文字通り“シャークハンター”。彼が釣り上げてきたサメは研究者に引き渡され、その生態解明に寄与してきた。そんな彼が今回釣り上げるのはイタチザメと巨大なエイ。イタチザメは体長7m以上、体重600kgの個体が記録されており、サメの中でも最大級の大きさを誇る。雑食でその牙はウミガメの甲羅を噛み砕くほどだ。
 フロリダの海を知り尽くした男が“シャークハンター”の名を賭けて大物釣りを狙う!

■深海魚ハンター・平坂 寛
 オーストラリア大陸の南方に浮かぶタスマニアは、個性的な進化を遂げた生物の宝庫。そのタスマニアで日本を代表する深海魚ハンター平坂寛が未知なる生物に挑む。そこには世界最大の淡水甲殻類タスマニアオオザリガニなど、日本人の常識とはかけ離れた生物たちが待ち受けている!

出演者

MC:
岡村隆史(ナインティナイン)

ゲスト:
高橋克典
田村 亮(ロンドンブーツ1号2号)
ホラン千秋
そのほか、巨大生物にロマンを感じるゲストを鋭意キャスティング中!

スタッフ

製作著作:
TBS

制作協力:
ジーヤマ

プロデューサー:
坂本義幸
橋本孔一