大奥 〜誕生〜[有功・家光篇]

毎週金曜日よる10:00から

「大奥 〜誕生〜」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人
男女逆転大奥の“禁断の扉”が2012年秋、再び開かれる!

2010年10月に公開された映画『大奥』(主演・二宮和也)は、興行成績23億3000万円、動員数、約200万人という大ヒットで、平成の時代劇映画としては「武士の一分」に続く第二位の成績を収めました。
今回、その続編プロジェクトとして『大奥〜誕生[有功・家光篇]』を10月期の金曜ドラマでお送りいたします。

漫画家よしながふみによる原作『大奥』は、手塚治虫文化賞マンガ大賞・講談社漫画大賞など各賞を総なめにし、累計発行部数300万部を突破して現在も大人気連載中の作品。
将軍・家光の時代、疫病のために男子の人口が激減し、「将軍は女、仕えるのは美男3000人」の“男女逆転大奥”が誕生する…という奇想天外で壮大なスケールの物語が始まります。

前作の映画は、すでに男女逆転の世の中が当たり前となっている八代将軍・吉宗の時代を描いたものでしたが、今回の連続ドラマはさらに時代を遡り、三代将軍・家光の時代を舞台とする、内容的には“エピソードゼロ”と言うべき物語。
「男女逆転大奥はどうやって誕生したのか?」という大きな謎を背景とし、江戸城にうずまく策略・嫉妬・純愛をドラマチックに描いていきます。
設定はSFともいえる架空の世界ですが、細部は敢えて歴史にこだわった作りで、日本史好きな方にも「なるほど!」と思っていただける時代劇を目指します。

ドラマ・映画とも主演を務めるのは、今、役者としてノリにノッている堺雅人。そんな堺が、全く違う二役をドラマと映画で演じます。ドラマで堺が演じるのは、家光の側室になるため還俗させられ、大奥に送り込まれる美しい僧侶、万里小路有功。
将軍・家光役には多部未華子、有功の弟子であり後に家光の側室となる玉栄役に、KAT-TUNの田中聖、春日局役に麻生祐未がそれぞれ決定。このほか平山浩行、南沢奈央、尾美としのり、段田安則、内藤剛志など豪華キャストが登場します!

さらにドラマ最終回放送の翌週からは、全国300館規模で「大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]」の公開も決定。連続ドラマ終了後、即、映画公開というのは、かつてない画期的な試みであり、2012年秋から2013年正月までの「大奥ブーム」を引き起こす、一大プロジェクトです。

「女性とは?」「男性とは?」「人間とは?」そして「日本とは?」と、あらためて考えさせられる“良質なジャパニーズエンターテインメント”、それがこの秋の金曜ドラマ『大奥〜誕生』です!

出演者

万里小路有功:堺雅人
(までのこうじありこと)
   ○
徳川家光:多部未華子
(とくがわいえみつ)
   ○
玉栄:田中聖( KAT‐TUN)
(ぎょくえい)
   ○
稲葉正勝:平山浩行
(いなばまさかつ)
雪:南沢奈央
(ゆき)
村瀬正資:尾美としのり
(むらせまさすけ)
   ○
松平信綱:段田安則
(まつだいらのぶつな)
   ○
澤村伝右衛門:内藤剛志
(さわむらでんえもん)
   ○
春日局:麻生祐未
(かすがのつぼね)

スタッフ

製作著作:
TBS

制作協力:
アスミック・エースエンタテインメント

原作:
よしながふみ
「大奥」(白泉社「メロディ」連載)

脚本:
神山由美子

プロデューサー:
磯山晶
荒木美也子(アスミック・エースエンタテインメント)

演出:
金子文紀
渡瀬暁彦
藤江儀全