Nスタ×NEWS23クロス 3・11絆スペシャル 実況…14時46分日本列島追悼の時、そして巨大地震連鎖のシナリオ

2012年3月11日(日)ごご2:00から

「Nスタ×NEWS23クロス 3・11絆スペシャル 実況…14時46分日本列島追悼の時、そして巨大地震連鎖のシナリオ」の画像

コンテンツメニュー

内容

 東日本大震災から1年。特別な1年。「Nスタ」「NEWS23クロス」のメインキャスター4人が、改めて被災地を取材、出演。日本列島の“絆”を探る。
追悼の特別な瞬間、次の時代への備えとして巨大地震連鎖のシナリオを提示し検証する。
東日本大震災から1年間のJNN報道を集大成する。堀尾正明・膳場貴子両キャスターが震災直後に取材した被災地の自営業者らを改めて取材、JNN三陸支局が撮影し続けた被災地の映像などとともに復興の進捗状況を検証する。また津波で家族を亡くした遺族や原発事故で古里に帰れない家族を1年間密着取材した。1年間という時間の流れの中で、被災した人たちはどのように変わっていったのか、そして1年という節目の日をどのように迎えようとしているのか。
 復興の課題としては、被災した方々の「心のケア」を取り上げる。阪神大震災では1割の被災者がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したというが、専門家は東日本大震災ではさらに多くの人たちが発症するのではないかと危惧している。社会全体としてどのように「心のケア」に取り組むのか。
 地震が発生した14時46分は政府主催の東日本大震災一周年追悼式をはじめ、各地の追悼の動きを生中継で結ぶ。

みどころ

(みどころ その1)
震災直後に設けた「JNN三陸支局」を基点に放送。地震が発生した14時46分、天皇陛下が出席を望まれる政府式典や、全国各地の幾多の行事、それを様々な思いで見つめる被災者の動き、被災現場などを生中継で多元的に結ぶ。

(みどころ その2)
想定される巨大地震の連鎖…“被害シナリオ”をCGで再現する。3.11以降、私たちは,首都直下地震やマグニチュード9に見直された南海トラフの東海・東南海・南海の三連動型地震への恐怖にさらされることになった。そして、過去の文献や、様々な調査研究により、首都圏や南関東で起こる地震と南海トラフの三連動地震が、非常に近接した時期に起きていることが明らかになった。最悪のシナリオ。それは…。
首都直下地震と三連動地震が連鎖しておきたらどうなる?というものだ。
こんなことが現実に起こりえるのか? 
実は,一つ一つの事象は今回の大震災で起きていることばかりであり,そうした観点からこの“巨大地震の連鎖・最悪のシナリオ”を検証していく.首都東京と第二の都市大阪が壊滅的な状態に陥ったとき,日本はどうなるのか?待ったなしの状態だ。今から私たちが手をうっていかなければならないことは。東日本大震災を他人事とせずに、私たちは次の震災にどう備えるのか考えていく。

(みどころ その3)
 コーナー「フクシマとヒロシマ」。番組では、復興への課題を幾つか提示する。福島原発事故、未だ本当の被害状況は定かではない。福島から広島へと避難した母と3人にこどもに密着。その中では、かつて広島原爆で“黒い雨”を経験した高齢女性を訪ねる場面を取材。年老いた被爆体験者が母子に語ったこととは…。

取材と出演、堀尾正明、膳場貴子、松原耕二、長峰由紀。被災3県はじめJNN各局記者、アナ。


banner_AD