映画「赤ずきん」

2013年12月26日(木)深夜2:20から

「映画「赤ずきん」」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

大人になった“赤ずきん”が落ちた危険な恋。
有名なおとぎ話をモチーフにした、美しくダークな物語。

 誰もが知っているグリム童話「赤ずきん」をモチーフにしたファンタジー・スリラー。大人になった“赤ずきん”が、危険な三角関係と、満月の夜に殺人を繰り返す人狼に翻弄されていく。
 美しく成長した“赤ずきん”をアマンダ・サイフリッドが、人狼ハンターをゲイリー・オールドマンが演じる。監督は「トワイライト〜初恋〜」のキャサリン・ハードウィック。
 鮮やかな赤いマントに映える豊かな金髪に青い瞳を持つアマンダは、まるで本当におとぎ話から飛び出したヒロインのよう。しかし物語は美しいだけでは終わらない。衝撃のラストをお楽しみに。(2011年/アメリカ)

内容

 暗い暗い森の外れに、小さな村があった。そこで生まれ育ち、美しい女性へと成長したヴァレリー(アマンダ・サイフリッド)は、幼馴染のピーター(シャイロー・フェルナンデス)と恋に落ちる。だが彼女の母親は、貧しいピーターとの結婚に反対し、裕福な家の息子ヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約を勝手に決めてしまう。それを知ったヴァレリーは、すべてを捨ててピーターと旅立つと決意する。
 しかし、突如起きた事件が2人を引き止めた。ヴァレリーの姉が狼に襲われ、殺されたのだ。以前から村の周辺には狼がうろついており、村人たちは長年にわたって生贄をささげ、不安定な平穏を保ってきた。それが血のような赤い月の出た夜、狼の牙によって破られたのだ。
 復讐に息巻いた村人達は、狼を退治しに森へ向かう。しかし、かけつけた人狼ハンターのソロモン神父は警告する。人狼は満月の夜にだけ狼に姿を変える。普段は人間として、何食わぬ顔で村に住んでいるかもしれないと。
 満月の夜がくるたびに犠牲が重なり、村人たちはパニックに陥っていく。やがてヴァレリーは、犯人の目的が自分を連れ去ることだと知る。人狼はピーターなのか、ヘンリーなのか、それとも別の誰かなのか。ヒントはヴァレリーをじっと見つめるダークブラウンの瞳だけで・・・。

出演者

キャスト:
アマンダ・サイフリッド
ゲイリー・オールドマン
ビリー・バーク
シャイロー・フェルナンデス
マックス・アイアンズ
バージニア・マドセン
ルーカス・ハース
ジュリー・クリスティ

スタッフ

監督/製作総指揮:
キャサリン・ハードウィック