月曜ゴールデン特別企画 映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』

2013年12月23日(月)よる9:00から

「月曜ゴールデン特別企画 映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

海堂尊の人気医療ミステリー小説の映画化作品が、
月曜ゴールデン特別企画として登場。

 舞台は大学病院の救命救急センター。ミステリーでありながら、救命救急という医療現場の抱えるリアルな問題が鮮烈に描かれている。
 病院の中にうごめく闇に迫る、お人好しの心療内科医・田口を竹内結子が、切れ者の役人・白鳥を阿部寛が演じる。
そして本作のキーパーソンである速水医師を演じるのは、連続ドラマ『半沢直樹』での熱演が記憶に新しい実力派俳優・堺雅人。冷酷非道、しかし一流の腕を持つ“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”として、劇中で圧倒的な存在感を放つ。クールでミステリアスな魅力のある堺雅人の演技に注目だ。

あらすじ

 東城大学医学部付属病院の心療内科医・田口公子(竹内結子)は、お人よしで出世欲のない万年講師。しかし“チーム・バチスタ事件”を解決に導いたとして、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に任命されてしまった。そんな彼女のもとに一通の告発文書が届く。

<救命救急センターの速水センター長は、
 医療メーカーのメディカルアーツと癒着している。
 心臓カテーテルの使用頻度を調べてみろ。
 救命救急の花房看護師長は共犯だ>

 救命救急センターのセンター長・速水晃一(堺雅人)とは、“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名で呼ばれる医師。切れ者だが冷徹非情であり、よからぬ噂も多い男だ。彼が主張しているドクターヘリの導入も、それが何かしら彼の利益になるからだと陰口を叩く者もいる。
 そして時を同じくして、なんとメディカルアーツの支店長が院内で自殺。田口は高階院長(國村隼)に命じられて院内を探ることになるが、そこにかつて田口と“チーム・バチスタ事件”の真相を暴いた厚生労働省の役人・白鳥圭輔(阿部寛)が骨折で運び込まれる。しかも白鳥のもとにも、同様の告発文が届いていおり…。

出演者

竹内結子
阿部 寛
 ○
堺 雅人
羽田美智子
山本太郎
高嶋政伸

貫地谷しほり
尾美としのり
中林大樹
林 泰文
佐野史郎
玉山鉄二

野際陽子
平泉 成
國村 隼

スタッフ

原作:
海堂尊
「ジェネラル・ルージュの凱旋」
(宝島社)

監督:
中村義洋


banner_AD