ダイヤモンドシアター『トゥモロー・ワールド』

2013年2月2日(土)深夜2:18から

「ダイヤモンドシアター『トゥモロー・ワールド』」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

人類に子供が生まれなくなった世界の行方は?
戦慄の未来をリアルに描いたSFエンターテイメント。

強烈なメッセージと壮大なアクション・エンターテインメントが融合したSF大作が登場。
人類が繁殖能力を失い、暴徒と化した民衆と政府が対立する未来の世界。我が子を失い絶望の中で生きる元活動家・セオは、人類の未来を担う少女と出会う。やがて始まる、少女を巡る壮絶な争奪戦。セオは少女と人類の明日を守り抜けるのか。
総制作費120億円を投じた壮大なスケールの中に、起こりうる戦慄の未来を描き人類に警鐘を鳴らす骨太映画。作品終盤の臨場感溢れるアクションシーンは必見だ。
(2006年/アメリカ イギリス)

内容

西暦2027年。人類に子供が誕生しなくなってから、すでに18年が経過していた。その原因はあらゆる研究をもってしても解明に至らず、人類はただ衰退の一途を辿るほかなかった。希望を失った人間たちは秩序を失い、暴徒と化していった。
軍事力による抑圧でかろうじて国家機能を維持しているイギリス。エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は、突如現れた武装集団に拉致される。連行されたアジトで彼を待っていたのは、元妻のジュリアン(ジュリアン・ムーア)だった。彼女は反政府組織「FISH」のリーダーとなっていた。
セオもかつては平和活動家の一人だった。しかし20年前に我が子を失ったことで生きる意味を見失い、今では体制側の人間に成り下がっている。自分の将来にすら興味のない彼にとって、人類の未来などどうでもいいことだった。
そんなセオにジュリアンは、政府の検問を通過できる通行証を手に入れて欲しいと依頼する。それはあまりに無謀な話だった。しかし彼女が政府の目を逃れてまで接触してきたことに重要な理由があると感じたセオは、協力を決意する。
通行証を手に入れ、再びFISHとコンタクトを取ったセオ。彼はそこで初めて計画の全貌を知らされる。それはFISHが保護している謎の少女を、とある組織へ極秘裏に届けるというものだった。セオには組織の詳細も、少女の素性もわからない。しかしFISH内部に裏切りを企む一派がいると知ってしまった彼は、少女を連れてアジトからの逃亡を図る。

出演者

キャスト:
クライヴ・オーウェン
ジュリアン・ムーア

スタッフ

監督:
アルフォンソ・キュアロン