日本まるごとHOWマッチ

2015年3月22日(日)よる10:00から

「日本まるごとHOWマッチ」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

伝説のクイズ番組「HOWマッチ」が25年ぶりに一夜限りの復活!! 司会は元祖ナレーターの小倉智昭 番組まるごと小倉節で「せーの、HOWマッチ!」

1983年から1990年までMBS制作、TBS系列で木曜夜に放送されていた『世界まるごとHOWマッチ』。大橋巨泉の司会でお茶の間に「HOWマッチ」という言葉を浸透させたあの人気クイズ番組が、四半世紀の時を超えて一夜限りで復活する!

世界各国の様々な商品やサービスの値段をあてるクイズ番組として一世を風靡し、最高視聴率33.8%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)を記録した元祖HOWマッチ。その復活版は、『日本まるごとHOWマッチ』と題し、番組ルールはそのまま“世界を狙う日本”をテーマにお送りする。

司会とナレーションは小倉智昭。元祖HOWマッチでは、変化に富んだ独特の甲高い声でのナレーションが話題となり、“七色の声をもつナレーター”と呼ばれた小倉。25年ぶりの“小倉節”の復活にあたり小倉は「ナレーションってあんなにパワーがいるものなんですね。収録が終わった後倒れそうになりました」とコメント。さらに、HOWマッチといえば“スタジオトーク”も 番組のみどころ。当時を思い返させるセットで、小倉&アシスタントの八木亜希子が、劇団ひとりをはじめとするバラエティに富んだ6人の解答者と爆笑トークを繰り広げる。

番組では、世界に誇る観光都市「京都」、北陸新幹線の開通で注目の「金沢」、そして何かと話題の元プロテニスプレイヤー「松岡修造」などを取材し、そこから“日本の魅力・底力”を象徴するモノや才能をピックアップし、お金にまつわるクイズを出題。解答者にフリップを出してもらう時の掛け声、「せーの、HOWマッチ!」が小倉バージョンでスタジオに響き渡る。果たして「ホールインワン賞」「ニアピン賞」は出るのか!? 元祖HOWマッチの伝統を受け継ぎ、当時のBGMを用いるなど、こだわり抜いた演出の数々も要チェックだ。

日本人が世界に驚いていたのは昔の話で、いまや“世界を狙う日本人”が世界中を驚かせている時代。そんな中、情報満載&小倉節全開で25年ぶりにお送りする「HOWマッチ」に、ぜひご期待ください!

内容

■取材内容
(1)世界一を狙うテニスプレイヤー錦織圭選手、その才能を開花させた松岡修造さんに密着!タレント、スポーツキャスターとして活躍し、熱き言葉の日めくりカレンダーは85万部以上の大ヒット!そんな松岡さんが主宰し錦織選手がジュニアのころ学んだテニススクール「修造チャレンジ」の様子とは!?また、松岡さんが現役時代にベスト8まで進出した「ウィンブルドン選手権」に関するある金額をHOWマッチ!

(2)日本が世界に誇る技術の結晶、北陸新幹線の開通で盛り上がる金沢は、伝統工芸の金箔でも有名。そこで、地元の超有名人である「箔一」の浅野邦子会長に突撃!金箔を使った様々なビジネス展開で今や年商20億という「箔一」だが、40年前に浅野会長がたった一人で会社を立ち上げた時の元手はいくら?また、「箔一」の「何でも金箔サービス」で、ある家庭用品を金箔加工すると・・・HOWマッチ!

(3)まもなく春本番をむかえる古都・京都。桜の名所を多く抱えるこの世界一の観光都市はどこもかしこも外国人観光客でいっぱい。そんな中、外国人向けのクチコミサイトをのぞいてみると、京都の人気スポットと並んで「まちタクシー」という個人タクシーが上位ランクインしていた!様々なおもてなしで外国人に大人気の「まちタクシー」に同行取材し、HOWマッチ!

(4)鹿児島県の霧島に、世界のセレブが訪れるという天空に浮かぶ奇跡の温泉宿がある。あの豪華リゾートトレイン「ななつ星 in 九州」のデラックススイートコースでも利用されている「天空の森」だ。東京ドーム13個分という広大な敷地に5つのヴィラ、宿泊用の部屋はたった3室という贅沢さは、まさに究極のプライベートリゾート。社長の田島健夫さんが自ら山を切り開き、長年かけて作ったこの大人の隠れ家ホテルの価値とは・・・HOWマッチ!

出演者

司会・ナレーション:
小倉智昭

アシスタント:
八木亜希子

パネラー:
劇団ひとり
天野篤
室井佑月
ウエンツ瑛士
久本雅美
船越英一郎

スタッフ

制作:
MBS
イースト・エンタテインメント

演出:
波多野健

構成:
はしもとこうじ

プロデューサー:
天鷲裕到
佐久間大介