ナマケモノのススメ
〜ボクが木から降りる、たったひとつの理由〜

2011年1月3日(月)あさ8:00から

「ナマケモノのススメ」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

仰天!感動!爆笑が詰まった「ナマケモノの日常」
コスタリカからお届けする新春動物ドキュメンタリー!

 地球上で一番“スロー"な哺乳類と言われる「ナマケモノ」。生涯の殆どを樹にぶら下がって過ごし、食事や睡眠から交尾、出産までも樹上で行う。一日の大半を眠って過ごし、あとは時々葉っぱを食べるだけ・・・。あまりに動かないため、身体に“藻"が生えてしまうほどだが、実はごくたまに地上に降りる瞬間があるのをご存知だろうか?
 番組ではコスタリカの熱帯雨林で、ナマケモノが「木から降りる瞬間」を徹底追跡! 20日間を超える密着取材で、その意外な素顔や思わず大爆笑の行動が次々と明らかになる。美しい森で展開されるナマケモノの日常を通して「生物多様性」について考える動物ドキュメンタリー番組だ。

内容

 緑の回廊コスタリカ。熱帯雨林・サラピキの森に生息する「ナマケモノ」が番組の主役だ。生涯の殆どを樹にぶら下がって過ごし、食事や睡眠から交尾、出産までも樹上で行う。一日の大半を眠って過ごし、後は時々葉っぱを食べる程度の動きしかない彼らは他の哺乳類に比べて圧倒的に筋力が少なく、身体には“藻"が生えるほど・・・。
 だが、そんな彼らもごくたまに木から降りる事がある。番組では、その瞬間を捉えようとジャングルに足場を組み、工事用のエレベーターを駆使して彼らの生態を徹底的に追った! カメラと野生のナマケモノとの距離はわずか30センチ・・・そこから見えてきた彼らの意外すぎる素顔や思わず大爆笑の寝姿、更に子育てシーンなどを紹介する。
 取材カメラの前で、果たしてナマケモノは木から降りてくるのか? 降りて来て一体何をするのか? 命の危険を冒してまで彼らが地上でやること・・・それを知ったとき我々は、彼らの真の姿を理解するだろう。
「“生物多様性"とは何か? 共存と共生とはどういうことか?」を考える新春のスペシャル番組。すべては、ナマケモノが木から降りたとき明らかに・・・。

出演者

ナレーター:
長澤まさみ

声の出演:
小林 薫

スタッフ

製作著作:
MBS(毎日放送)

制作:
nexus

プロデューサー:
松本博之(nexus)
合田忠弘

ディレクター:
白井まみ子(nexus)


banner_AD