ビートたけしのガチバトル2011

2011年12月28日(水)よる9:00から

「ビートたけしのガチバトル2011」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

旬の時事問題を究極のトークバトルで読み解く
知的ジャーナリスティックバラエティ。
「放射能汚染はどこまで深刻か?」
「日本に原発は必要なのか?」などを大激論!

 年の瀬に一年を振り返り、ビートたけしが選んだ「今年の大論点」について真逆の主張を持った論客達がトークバトルを繰り広げる当番組。今年はやはり『東日本大震災』を避けて通ることは出来ません。「今、日本に原発は必要なのか?」「放射能汚染は深刻か?」というテーマに加えて、「日本は経済破綻するのか?」を、専門家だけでなく俳優に医者、議員に経営コンサルタントまでもが大激論!原発問題ではすっかりお馴染の専門家、武田邦彦と澤田哲生が「被ばく限度量」を巡って真っ向勝負を始めれば、そこに最近テレビではご無沙汰だった俳優・山本太郎が参戦し、チェルノブイリの現状について語り出す…。
 このほか「日本は近く財政破綻するのか?安泰なのか?」というテーマでは、「破綻派」の片山さつきに対して、「安泰派」の舛添要一というこちらは既に破綻済み(?)の「元夫婦」が激論を交わす。スタジオは大荒れ必至の予感…さて一体、どんな結末に?

内容

2010年の正月特番として始まって以来、多くの反響を戴き3度目の放送となった「ビートたけしのガチバトル」。今年は「ニッポンは大丈夫か」というサブテーマのもと、スタジオには専門家だけでなく俳優に医者、議員に経営コンサルまで総勢20名の論客が顔を揃え、一方の客席には福島県で農業・漁業を営む人たちが居並び、緊張感漂う中、3つのテーマについて壮絶なガチバトルが幕を開けた。

<1:放射能汚染はどこまで深刻か?深刻でないか?>
政府が決めた被ばく限度量「年間20ミリシーベルト」は本当に安全なのかを巡り、「1ミリシーベルト以上の場所に住んではいけない」とテレビでもお馴染みの専門家・武田邦彦(中部大教授)が主張すれば、「そんな話は現実的に不可能!」と、澤田哲生(東工大助教)がすかさず反論。そこに大槻義彦(早大名誉教授)が「武田先生の過激な危険論のせいで家庭崩壊したお母さんもいるんです…」と加わり、冒頭からスタジオは大荒れに…。

<2:原発は日本に必要か?不要か?>
続いては、『地震列島ニッポン』に存在する54基の原発を今後どうするべきかを巡る議論に。「常に隠蔽体質の現在の『原子力村』の人間を追い出すべき」と河野太郎(衆議院議員)が声をあげると、脱原発を明確に主張している山本太郎(俳優)も、チェルノブイリの事故を引き合いに出し「日本政府がやっていることがどれだけ非人道的か!」と原発継続派に食って掛かる。山本が福島第一原発の30キロ圏内に暮らす人々へ取材したVTRも見所のひとつ。テレビではこれまで、この問題について十分語る機会が無かった山本太郎が今、その想いを熱く語る。

<3:日本は財政破綻するのか?安泰なのか?>
1000兆円もの借金を抱えた日本経済。それでも国際的に見て日本の財政は安全水準と主張する高橋洋一(嘉悦大学教授)や舛添要一(参議院議員)ら「安泰派」に対し、早ければ3年後には経済破綻すると予想する経営コンサルタントのジェームス・スキナーや元財務省主計局長の片山さつき(参議院議員)ら「破綻派」が牙を向く。

プロデューサーコメント

【福岡元啓プロデューサーコメント】
とかく難解なテーマばかりですがが、少しでも専門用語が飛び出すとすかさずビートたけしさんが「その話。難しいからやめ!」とバッサリ…答えの見えない放射能問題こそ、『敏腕レフリーたけし』のもと「安全派」「危険派」の両極端の主張を整理し、スッキリお正月を迎えませんか?

出演者

司会:ビートたけし

パネリスト(順不同):
武田邦彦(中部大学教授)
勝谷誠彦(コラムニスト)
山本太郎(俳優)
河野太郎(自民党衆院議員)
桜井充(民主党政調会長代理)
舛添要一(新党改革代表 参議院議員)
菅谷昭(松本市長 医師)
西尾正道(北海道がんセンター院長(放射線治療科))
澤田哲生(東京工業大学助教)
高田純(札幌医科大学教授/放射線防護学)
大槻義彦(早稲田大名誉教授)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)
松本義久(東京工業大学准教授)
ジェームス・スキナー(経営コンサルタント)
片山さつき(自民党参院副幹事長)
田村謙治(民主党政調会長)
池田信夫(アゴラ研究所所長 経済学者)
小幡績(慶應大学ビジネススクール准教授)
高橋洋一(嘉悦大学教授)
三橋貴明(経済学者)

スタッフ

製作著作:MBS

制作協力:シャッフル

プロデューサー:福岡元啓(MBS)


banner_AD