渡部陽一のGWファミリーSP!世界の村がアリガトウ 命を救うニッポン人!

2011年5月4日(水)よる9:00から

「渡部陽一のGWファミリーSP!世界の村がアリガトウ 命を救うニッポン人!」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

戦場カメラマン・渡部陽一と女優・菊川怜の異色コンビがMC挑戦!
世界の子供たちを救う「日本人」を通して「今、自分に出来ること」を問う。

 東日本大震災のあと、多くの日本人が考えた事…「わたしに出来ることは何か?」。かつて、この問いを胸に世界に飛び出していった4人の日本人がいた。貧困・差別・紛争・医療問題…世界の僻地で長年にわたって現地の「命」に向き合う彼らを緊急取材!ミャンマーで1万人以上の子供を救った小児外科医のもとにはタレントの照英が。アフリカ最大のスラム街には俳優の平岡祐太が飛び、現地から密着リポートを届ける。ゴールデンウィークに家族で「命」について考えさせられるスペシャル番組だ。

内容

 MCを務めるのは戦場カメラマンの渡部陽一と女優・菊川怜の異色コンビ。ミャンマー・ケニア・エルサルバドル・ウガンダで活躍する日本人の姿を通して「今、できること」を考える。
<ミャンマー>
 幼児死亡率が極めて高いとされるミャンマーで、16年間無償で治療を続けている吉岡秀人。手術室の気温は40度を超え、手術中の停電も日常茶飯事というこの国で1日10件、年間1000件もの手術を行っている。難病に苦しむ子供たちと親で溢れ返る吉岡の病院に向かったのはタレントの照英。自らも二人の子供の父親である照英は初日から思いもよらぬ光景を目の当たりにし号泣。果たしてこの「命の戦場」で照英が見たものとは?
<ケニア>
 ケニアの首都、ナイロビのキベラスラムで孤児院を運営する菊本照子(65)。子供たちを保護する活動を始めて30年。親から虐待され、捨てられた子供たち100人以上を保護してきた菊本のもとを俳優の平岡祐太が訪れる。住民以外の人間を決して寄せ付けないというアフリカ最大のスラム街で、平岡が目にしたものとは??
<ウガンダ>
ウガンダで独自の農畜産業融資プロジェクトを行う宮本和昌(29)。低利融資で農園の拡大などを支援し、売り上げで返済してもらうシステムを1年半前に立ち上げた。1件の融資は3万円程度で金利は月2.5%。「これは慈善事業ではなく、れっきとした投資。100%貸し倒れもない」と言い切る宮本の投資プロジェクトに密着!
<エルサルバドル>
母子の権利がいまだ低い中米エルサルバドルで、初の「母子手帳」発行を目指し奮闘する看護師の柳川沙緒(26)。だが、妊婦・乳児の死亡率が極めて高いこの国には途上国特有の“ある問題”が潜んでいた…。

世界に存在する問題に真摯に向き合い、日々闘い続ける誇り高きニッポン人に出会う4つの旅。密着VTRを見ながら、独自の視点で問題提起をする渡辺の姿も見所のひとつだ。混沌としたご時世だからこそ感じられる「確かなモノ」をお届けするスペシャル番組をどうぞお楽しみに…。

出演者

スタジオ出演
MC:
渡部陽一
菊川怜

VTR出演:
レポーター 照英
平岡祐太

ナレーター:
深田恭子
宮迫博之

スタッフ

製作著作:
毎日放送

制作協力:
テレビマンユニオン

プロデューサー:
上野大介(毎日放送)
梛木泰西(テレビマンユニオン)


banner_AD