テレビ未来遺産“終戦”特別企画 報道ドラマ「生きろ」〜戦場に残した伝言〜

2013年8月7日(水)よる9時放送

みどころ

沖縄戦当時の知事がどんな人物だったか知っていますか?
玉砕主義の中、「生きろ」と呼びかけた
島田知事のドキュメンタリードラマ

この番組は「沖縄の神様」と今も慕う人たちがいる、戦中最後の沖縄県知事を務めた島田叡(しまだあきら)の実話を、ドラマとドキュメンタリーでお送りする終戦特別企画番組です。
昭和20年1月、内務省からの異動で赴任し、6月23日の沖縄戦終結の日までの5ヶ月間を、沖縄県民と共に生き抜いた島田叡沖縄県知事。赴任前、大阪府内政部長であった島田は、沖縄戦の始まる2ヶ月前に沖縄県知事の内示を受けます。赴任後は、命がけで沖縄住民を守るために様々な改革に着手し、陸軍との交渉を試みました。
番組では、そんな島田の生き様を、過去の戦争フィルムと関係者の証言、当時の手紙などの貴重な資料を基に、報道ドラマとして再現。ドキュメンタリーと併せて、島田を通して沖縄戦がどのような戦いであったのかを伝えていきます。また、島田は中学時代から野球のスタープレーヤーとして名を馳せており、知事としての島田だけではなく、「野球人としての島田」「人間としての島田」の魅力も描いていきます。
ドラマでは、緒形直人が島田叡を演じます。そのほか、島田と共に命がけで疎開を進める荒井退造警察部長を的場浩司、陸軍の第三十二軍司令官の牛島満を西郷輝彦、海軍の大田実沖縄根拠地帯司令官を石橋凌がそれぞれ演じます。

ものがたり

沖縄戦が始まる2ヶ月前の1945年1月末、一人の男が沖縄県知事に就任した。前任の知事・泉守紀(大原康裕)が、職場放棄同然で沖縄を脱出したためだ。そこで、白羽の矢が立ったのが、大阪府内政部長の島田叡(緒形直人)だった。まもなく戦場になることが目に見えている沖縄への赴任を引き受けるのかとの周囲の懸念をよそに、島田は辞令を拝命した。
中学時代から野球のスタープレーヤーとして名を馳せ、内務省でも気骨のある官僚として豪快な噂を持つ島田を迎えたのは、沖縄県警察部長の荒井退造(的場浩司)だった。赴任とともに島田は、「県民のため沖縄のため」をモットーに様々な改革に着手する。そんなとき、海軍沖縄根拠地隊司令官の大田実(石橋凌)が、島田の歓迎会を開くと言ってきた。軍とは何かと衝突していた県庁や警察部の面々は難色を示すが、島田は荒井たちを伴って酒宴に赴く。
島田の赴任後ほどなく、戦況が悪化の一途をたどり県民が死にさらされ、食料や避難民の受け入れなど様々な深刻な問題がのしかかってきた。米軍の激しい攻撃から沖縄を守るため、島田と荒井は砲弾をかいくぐり陸軍第三十二軍司令官の牛島満(西郷輝彦)と参謀長の長勇(田中要次)のいる司令部壕へ直談判に向かった。そこで島田が軍の幹部たちに発言したこととは…。

コメント

○緒形直人
島田叡さんは一人でも多くの沖縄県民を守るために走り回った人ですが、そういう人物がいたということも知らずに、脚本で初めて出会いました。役者であれば誰でもやってみたい役だと思うので、気合いを入れて演じさせていただきました。
振り返ってみれば、島田さんはヒーローのように言われていますが、やはり彼自身も初めて沖縄の地に降り立っていろいろなことと戦ったと思います。すんなりとはいかなかったでしょうし、五感をフルに使ってもがき苦しんだと思いです。そういうところを丁寧に演じたいと思いました。
過去にあったこういう出来事を、現代の人たちに伝えていくというのは僕たちの重要な役割だと思っています。ですからこの作品を通して、こういう人間がいたということと、沖縄でひどい戦争があったということを、ドラマとドキュメンタリーで重厚にお見せすると思いますので、自分も勉強するつもりで観たいと思っています。


○的場浩司
荒井さんはものすごく人間臭い人だと思います。責任感が強く、自己犠牲ではなくて、とにかく自分の使命のために一生懸命いろいろなことをやられた方だと思います。
台本を読ませていただいて、そして自分なりに資料を集めて読ませていただいて、その時に感じた印象をそのままお芝居にしようと。一番大事にしなきゃいけないと思ったのは、本当に「魂込めて演じること」です。
年数が経つほどに戦争に対しての意識や、戦争っていうものが実際にこの日本でどう起きたのか、どういうものだったのかということを知っている人が少なくなっていくと思います。このような作品を観ていただいて、自分を含めて自分より下の若い世代にもう一度きちんと認識していてもらいたいと思います。


○藤原康延制作プロデューサー
「沖縄戦のこと、どれだけ知ってますか?」
「沖縄戦当時の知事がどのような人物だったか知ってますか?」
現在の沖縄の置かれた状況を理解するためには、沖縄戦がどのように戦われたかを知っておく必要があると思います。県民から慕われながら、今では知る人も少なくなってきている島田叡知事を通して、沖縄戦を描けないかというのがこの番組の出発点です。
島田知事は玉砕、自決という言葉が飛び交う戦場で、県庁職員に「生きろ」といい続けた「異色」の存在でした。当時、「生きろ」との言葉をかけられた県庁職員の女性は、私たちの取材に「どうして、知事はそういうことをいうのだろう。死ぬ覚悟は決めているのに」と、あまりの驚きに口が利けなかったと言いました。その意味がわかり始めたのは、戦後だいぶ過ぎてからだと話していました。
島田知事の戦場での行動を調べれば調べるほど、そういう知事が沖縄にいたんだという熱い思いがこみ上げて来ます。戦中最後の沖縄県知事のことを、ひとりでも多くの人に見てもらうことで、島田知事のこと、沖縄戦のことが視聴者の記憶に残ることを願っています。

出演者

島田叡(第二十三代沖縄県知事)…緒形直人

荒井退造(沖縄県警察部長・警視)…的場浩司

具志よし子(県職員)…真野恵里菜

伊波和枝(防空監視隊員)…逢沢りな

       ○

牛島満(陸軍中将・第三十二軍司令官)…西郷輝彦(特別出演)

       〇

小渡信一(知事秘書官)…満島真之介

長勇(陸軍中将・参謀長)…田中要次

大田実(海軍少将・沖縄根拠地隊司令官)…石橋凌

スタッフ

制作プロデューサー:藤原康延

番組プロデューサー:黒岩亜純

総合監修:岩城浩幸

ドキュメンタリーチーフディレクター:佐古忠彦

ドラマデザイン:三城真一

ドラマ脚本:土城温美

ドラマプロデューサー:前田利洋

ドラマ演出:酒井聖博

製作著作:TBS


banner_AD