激闘大家族スペシャル 34歳シングルマザー アタシ8人育てます!

2014年3月18日(火)よる7:00から

「激闘大家族スペシャル
34歳シングルマザー
アタシ8人育てます!」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

母親は三度の結婚と三度の離婚を体験
大家族で暮らす困難と喜び
子どもたちを想う母の気持ち、母を気遣う子どもたちの心情とは?

 現在、全国には100万人を超えるシングルマザーがいると言われている。彼女たちの平均年収は200万円あまりで、全世帯平均の3分の1ほどだ。
 そんな過酷な経済状況で、一人で子育てをする彼女たち。どのような日々を送り、何を考えているのか。精神的な負担は計り知れない。
 番組では、京都府のある町に暮らす34歳のシングルマザーと4男4女のきょうだいに密着。母親を支えて協力しながら生活する家族の強い絆を描く。
 母親は三度の結婚と三度の離婚を体験。彼女の波乱万丈の半生とは? 茶畑の広がるのどかな風景に家族のにぎやかな声が響く。

内容

 京都府のある町に暮らす、西森めぐみさん(34)と4男4女のきょうだいに密着する。
 自身も7人きょうだいの長女として育っためぐみさんは、子どもがたくさんいる今の生活は自然なことと語る。
 めぐみさんは高校一年で中退して、17歳で結婚、長男を出産した。2年後には長女が生まれるが若さゆえ、離婚してしまった。
 22歳の時、2人目の夫と結婚。その後、二女を出産。24歳で三女を出産するが、前夫の子どもと自分の子どもの差別が原因で離婚。
 3人目の夫は、4人の子どもを抱えためぐみさんを温かく迎えた。さらに4人の子どもを授かり、夫婦と子ども8人で暮らしていたが、夫が病気になり、このことが原因で離婚。夫は3か月後に亡くなった。
 精神的に落ち込み、呆然としていためぐみさんを救ったのは子どもたちだった。
 育児、家事、そして仕事に精を出す母親の負担を少しでも減らそうと、高校二年生の長男を筆頭に、長女、次女が様々な家事を分担する。長男は弟妹にとっては父親のような存在でもある。
 子どもたちを想う母の気持ち、母を気遣う子どもたちの心情が綴られると同時に“今を生きる”シングルマザーと8人の子どもたちの懸命な姿、そして今どきのシングルマザーの考え方、生き方を見つめていく。

スタッフ

製作:
植木商店
TBS

プロデューサー:
天野貴幸

演出:
植木善晴

ディレクター:
桂田いちこ

編成担当:
高山暢比古


banner_AD