日曜劇場『S-最後の警官-』

毎週日曜日よる9:00から

「日曜劇場『S-最後の警官-』」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

向井理×綾野剛
2014年1月期
TBS連続ドラマ日曜劇場【S(エス)-最後の警官-】で
待望の初激突!!

まったく新しい警察ドラマがここに誕生!!

今までのイメージを一新!!
猪突猛進な元ボクサー警察官・神御蔵一號(かみくらいちご)役を演じる向井理と
冷静沈着な天才スナイパー・蘇我伊織(そがいおり)役を演じる綾野剛

対照的なタイプの特殊部隊の隊員2人が2014年1月「日曜劇場」で激突!!

確保か!? 制圧か!?
命をかけて命を守る!
今、一番熱い魂の物語が始まる!!

2014年1月期、ビッグコミック連載中の人気漫画『エス-最後の警官-』(小学館刊)を「日曜劇場」の枠でドラマ化することが決定!漫画原作は「海猿」や「DOG POLICE」を手がけた小森陽一。警察を舞台にした新しい切り口を持つこの物語は、「捜査権を持つ特殊部隊」という設定に、警察ドラマに根ざしている生と死、正義とは何かといったテーマ性、警察庁特殊急襲捜査班のチームワークとキャラクター豊かな群像劇のおもしろさ、捜査権を持った特殊部隊だからこそできる新しい切り口のサスペンス感あふれる謎解きミステリー、事件解決のカタルシスの高さ、特殊部隊ゆえビジュアル的にも魅力的なクールさ、スケール感を持ったストーリー展開、大人から子供まで楽しめるエンターテインメントとなる要素と設定を数多く含んでいる。

そして、今、視聴者が一番望む夢の共演、キャスティングが実現!!主演は、数多くのドラマで主演を演じ、女性からの支持率の高い向井理に決定。向井演じる神御蔵一號(かみくらいちご)は、プロボクサーを引退し、警察官になった異色の経歴の持ち主。ある事件をきっかけに特殊部隊にスカウトされる。向井は、高い運動神経と瞬発力、ボクシング仕込みのパンチを武器に、素手で相手を制することを得意とする近接戦闘のスペシャリストを演じる。今までのイメージを覆す、向井理の新境地とも言える体育会的な、ある種“肉体バカ”な神御蔵一號をどう魅力的に演じるのかお楽しみに。
 また、「神業」と称される狙撃力を誇る、SAT随一のスナイパー・蘇我伊織(そがいおり)役を今、女性から最も注目を受けている綾野剛が演じることになった。性格は冷静沈着。高い集中力、耐久力、洞察力と格闘能力を持ち、SATの理想を体現しているような人物を演じる。そして、その綾野演じる蘇我は、向井演じる神御蔵一號と常に激しく衝突する。


そして、夢のキャスティング、対照的な性格を持つ役を演じる向井理×綾野剛の激しい激突を更に盛り上げ、ドラマの枠を超えたスケールの大きい内容に見合う共演者が決定!

向井演じる一號と幼馴染のヒロイン・棟方ゆづるを吹石一恵が演じる。ゆづるは、小学生の頃、自分の家族、そして一號と行った動物園で、通り魔事件にあい両親を失うという過去を持つ難しい役柄。苦悩を常に傍らで見続けてくれた向井演じる一號には言葉に表せない親愛の情を持っているが、兄妹に近い関係性から恋愛感情は封印している。スケール感を持ったストーリー展開のなか、向井理×吹石一恵の恋の展開も見逃せない!!また、向井演じる一號を新設された特殊部隊にスカウトし、一號の上司となる香椎秀樹役を松本人志監督の映画『R100』で難役を演じた大森南朋が演じる。Mの役からドラマ『S』で大森が演じる香椎は、元SATに所属していた経歴を持ち、新設されたNPSの隊長。後に綾野演じるSATの蘇我が出向という形でNPSに所属する。向井×綾野に新たな×大森が加わることになり、若手2人のドラマに大人の色気を視聴者に投じる。

その他、NPS小隊長でムードメーカーの古橋誠二郎役には池内博之。容姿・性格共にクールなNPSNo.2、速田仁役には平山浩行。警察犬・ポインター3号を相棒とする、追跡捜査のプロ・梶尾竜一役には、高橋努。警視庁警備部警備第一課 特殊部隊中隊長で泣く子も黙るSATの突1、SATの誇りが全身を覆っている嵐清十郎役には平山祐介。
一號にボクシングを教え、「棟方ボクシングジム」会長兼トレーナー・ゆづるの祖父である棟方耕三役には本田博太郎。定食屋『まんぷく』の女将で一號の母・神御蔵花役には朝加真由美。SATを脱退した香椎に接触し、NPSを作らせた張本人であり警察庁長官・官房審議官・天城光役には菅原大吉。警察上層部がNPSを設立したことに憤りを感じ、NPSの存在を「腑抜け」と断じている特殊部隊SAT隊長・中丸文夫役には髙嶋政宏。そして、元警察庁次長でSATの創設者であり現在は作家、勉強会『霧山塾』の塾頭・霧山六郎役を近藤正臣が演じる。

1月スタート日曜劇場『S エス-最後の警官-』は、向井理×綾野剛の激しい激突を軸に、この豪華キャスト陣でテレビドラマの枠を越えた物語を展開する!
日曜劇場『S エス-最後の警官-』にご期待下さい!!

概要

2014年……第3の『S(エス)』が始動する!!

長引く不況と、それに伴う人心の荒廃……くすぶり続ける社会への不満は他者への攻撃に変じ、個人・集団の別なく凶悪犯罪を引き起こす時代。
かつて“平和ボケ”と呼ばれた日本は今、誰がいつ犯罪被害者になってもおかしくない国となった。そんな崩壊寸前の日本の治安を守るため『最後の砦』と位置づけられる二つの組織
『Special Assault Team』 警視庁特殊部隊 通称“SAT”
『Special Investigation Team』 警視庁特殊犯捜査係 通称“SIT”
『S』の頭文字を冠するこれら部隊は、通常の警察官では対応することのできないテロ、人質立てこもり事件等の特殊事案を担当し、その解決に際し、犯人の生死を問わない『制圧』を警察組織の中で唯一、許可されている。
そして2014年──第3の新たな『S』が誕生する!
SATの機動力とSITの捜査力を併せ持ち、国内すべてを管轄とする警察庁直轄部隊。さらに、既存の『S』と大きく異なるのは、彼らの目的が、犯人を生かしたままの『確保』だということ。
『National Police Safetyrescue』 警察庁特殊急襲捜査班 通称“NPS(エヌピーエス)”
これは、そのNPSに所属する1人の隊員──“倒すための拳”ではなく、“守るための手”を持つ男の物語。
家族や仲間、そして国……かけがえのないものを一途に守るため、神御蔵一號が立ち上がる!!

出演者

神御蔵一號…向井 理

蘇我伊織…綾野 剛

スタッフ

原作:「エス-最後の警官-」(小学館)
 原作:小森陽一
 作画:藤堂 裕

脚本:古家和尚

プロデュース:韓 哲

演出:平野俊一
   石井康晴 ほか

製作著作:TBS