原案紹介

→スタッフへ戻る

(photo)

南極越冬隊タロジロの真実 (小学館文庫) / 北村泰一

ISBNコード9784094060041
判型/頁文庫/352頁
定 価620円(税込)
発売日2007年2月6日 (火)

内容

どうにもならない事情から、無人の昭和基地に置き去りにされた15頭のカラフト犬たち。その一年後、「 タロとジロが生きていた!」 という奇跡的なニュースに日本中が沸き返った。あれから50年。南極第一次越冬隊に 「 犬係 」 として、さらに一年後の第三次越冬隊にも参加し、タロジロとの再会を果たした唯一の人物である著者による、真実の感動ストーリー。映画 『 南極物語 』 にも描かれていない、探検と観測の一年。そして犬たちとの日々――。

北村泰一 (きたむら・たいいち) プロフィール

1931年京都市生まれ。理学博士。
54年京都大学理学部地球物理学科卒業。
日本南極観測隊第一次越冬隊 (57年)、同第三次越冬隊 (59年) に参加。
以降、同志社大学工学部講師、ブリティッシュコロンビア大学客員助教授、九州大学理学部教授等を務め、アラスカ、カナダ北極圏、中国などへも学術調査に赴いている。
現在は九州大学名誉教授。講演や研究に多忙な日々を過ごしている。

⇒ この作品の配信情報はコチラ


↑このページの一番上へ