南極観測船「宗谷」を知ろう

→スペシャルTopへ戻る

最終回:第三次観測隊と南極へ。また、その後の「宗谷」…。

大改造された 「 宗谷 」 は、第三次観測隊と乗組員を乗せ、「 南極大陸 」 へと旅立ちました。
その様子をポイント毎に紹介します。また、その後の 「 宗谷 」 がどのような活躍をし、引退したのかも合わせて紹介します。

ポイント1  南極大陸へ向けて出発

大改造された 「 宗谷 」 は、三度南極に挑戦するため、昭和33年 (1958年) 11月12日。松本船長以下92名の乗組員と永田隊長以下37名の観測隊員、初の外国人オブザーバー D.J.メロイ氏を乗せて東京日の出桟橋を出港しました。

ポイント2  航空輸送作戦成功!

大型ヘリコプターによる航空輸送作戦は見事に功を奏し、昭和34年 (1959年) 1月14日より2月3日までの20日間に58便の輸送を行い、村山雅美越冬隊長以下14名の越冬隊員及び資材57トンの空輸に成功しました。

ポイント3  タロとジロが生きていた!

この第三次南極観測で、閉鎖されている昭和基地をはじめてヘリコプターで訪れた時のことです。隊員たちは目を疑いました。昨年、やむなく残してきた樺太犬の 「 タロ 」 と 「 ジロ 」 が生きていたのです。「 タロ 」 と 「 ジロ 」 を含む15頭の樺太犬は1本のロープにつながれて南極に取り残されました。しかし、「 タロ 」 と 「 ジロ 」 だけは厳しい南極の冬に耐えて生き抜いたのでした。

ポイント4  「 宗谷 」 帰国

「 宗谷 」 は、観測並びに輸送業務を無事終え、昭和34年4月13日に東京へ帰ってきました。

ポイント5  空輸作戦をより円滑に!

ヘリコプターによる空輸の成功から、第四次改造工事は航空輸送作戦をより円滑に実施できることを目標とし、航海船橋の後部に航空指令室を増設し、後部マスト中段にヘリコプターの吊り上げを容易にする枠型クレーンを新設しました。

ポイント6  第四次観測へ!

第四次南極観測は、船長が航空輸送に詳しい明田末一郎船長に交代し、昭和34年10月31日船長以下94名の乗組員と立見辰雄隊長以下36名の観測隊員を乗せて東京を出発しました。

ポイント7  空輸作戦、大成功!

ヘリコプターによる輸送実績は合計103便126トンにも達し、雪上車による輸送28トンを含めると総計154トンにもなって、第三次に比べ、実に3倍の輸送量に達しました。

ポイント8  越冬隊を残し帰国

鳥居鉄也越冬隊長以下15名の越冬隊員を残し、帰路に着きました。

ポイント9  沖縄へ寄港

大成功を収めた帰途、「 宗谷 」 は、いまだアメリカ軍の占領下となっていた沖縄に招かれ、昭和35年 (1960年) 4月16日、大歓迎の中を那覇に入港しました。

ポイント10  「 宗谷 」 の傷みが発覚

この航海で、「 宗谷 」 の船体が非常に傷んできていることも分かりました。そこで、大きなヒビの入ったスペクタクルフレーム (プロペラ軸を支える枠) を新しく換え、緩んだリベット1500本を打ち直しました。もはや、「 宗谷 」 による南極観測は限界に近づいてきたのです。

ポイント11  第五次観測隊が南極へ!

第五次南極観測は、明田船長以下94名の乗務員と村山隊長以下36名の観測隊員を乗せ、昭和35年 (1960年) 11月12日に東京を出発、翌昭和36年 (1961年) 5月4日無事東京に帰ってきました。ヘリコプターによる輸送実績は昨年に近い121トン、村山隊長以下16名の越冬隊も送り届けました。

ポイント12  「 宗谷 」 最後の南極観測!

「宗谷」最後の南極観測となった第六次観測は、昭和36年 (1961年) 10月30日、明田船長以下96名の乗組員と吉川虎雄隊長以下18名の観測隊員を乗せて東京を出発しました。

ポイント13  昭和基地閉鎖

第六次は、主に昭和基地の閉鎖に伴う、撤収作業でした。

ポイント14  「 宗谷 」 帰国

昭和37年 (1962年) 2月16日に南極を出発。そして、昭和37年4月17日東京日の出桟橋に帰港、6回に及んだ南極観測船の役目を無事に終了しました。

ポイント15  北の海の巡視船となる

南極観測船としての業務を終了した 「 宗谷 」 は巡視船として用いるための復旧工事を昭和37年6月〜8月まで行いました。砕氷能力を生かし、過酷な冬期の北洋で着氷による転覆や氷海における遭難など、漁船の救出、多くの水難事故、医療活動、流氷観測などに大きな威力を発揮しました。

ポイント16  「 北の海の守り神 」

このようにして 「 宗谷 」 は、海難救助出動350件以上、救助船125隻、救助人数約1000名に及び、「 北の海の守り神 」 と呼ばれるようになりました。

ポイント17  さよなら 「 宗谷 」

そうして、竣工から40年を経過した昭和53年 (1978年) 7月、ついに解役 (船としての役割を終え、引退すること) が決まりました。

ポイント18  「 宗谷 」 を残そう!

「 宗谷 」 の解役や決まったとき、「 宗谷をせび保存したい 」 という声が各地に沸き起こり、全国で11の自治体などが名乗りを上げました。海上保安庁はこうした声に応えて、慎重に検討した結果、最終的に東京の 「 船の科学館 」 を保存先として指名しました。当時、「 船の科学館 」 の館長を勤めていた笹川良一初代館長は、「 宗谷 」 を 『 不可能を可能にした、奇跡の船 』 と絶賛し、未来ある青年に 「 宗谷 」 を通じて勇気や情熱を学び取って欲しいと考え、保存・展示することにしたのです。昭和54年5月1日より、「 船の科学館 」 の前面水域で一般公開を開始しました。

東京都品川区の東京臨海副都心にある博物館 「 船の科学館 」 はリニューアル準備のため、平成23年9月30日をもって展示を休止しておりますが、南極観測船 「 宗谷 」 に関しましては、現在も展示を行っております。お時間がございましたら、ぜひ足をお運びください。

↑このページの一番上へ