「南極大陸」を100倍楽しく見る方法 !?

→スペシャルTopへ戻る

2011年11月11日 (金) 「 第四話のポイントをおさらい! 」

いよいよ南極での物語が繰り広げられた第4話、見ていただけましたでしょうか?
今後も越冬隊員達には様々な困難が襲い掛かります。
試練に打ち勝っていく彼らの姿をお楽しみに !!

さっそく第4話のおさらいです!

ポイント1 : 本当にあったカブースの火事 !!

第一次南極越冬隊は全てが試験的で 「 人間モルモット 」 と呼ばれていました。
その中で当時最年少の北村泰一隊員 (ドラマの原案者) は
実際にもオーロラの研究をしていました。
その越冬中、彼の不注意でカブース一棟が火事になってしまいました。
意気消沈する北村隊員。
しかし隊長は北村隊員を責めることなく、新しい観測器を授けたそうです。

今回山本裕典さんが演じる犬塚のモチーフはこの北村さんなんです。
感情豊かな20代を、南極という生きるか死ぬかの場所で過ごした彼の生き様を見事に再現しています。
今後も南極での犬塚くんに大注目です !!

ポイント2 : アインシュタインに出会った日本人 !!

誰もが名前くらいは聞いた事があるであろうアルベルト・アインシュタイン。
第一次越冬隊長であった、西堀栄三郎さんは学生の頃
アインシュタインの通訳として、京都を回った事があるといいます。
真空管を発明したりと、様々な業績を残している西堀さんの人生の転機は
アインシュタインとの出会いだといいます。
第4話でも彼の言葉の引用がありますが、
こう考えると、日本の南極観測には様々な力が作用しているのだなぁと
改めて感じられますね !!

そんな歴史的事実と共に、「 南極大陸 」 を見るのも面白いと思いますよ!

そしてそして13日放送の第5話は…

ついについに犬ぞり大活躍 !!
ボツンヌーテンを目指す旅が始まります。
その中で最も重要な役割を果たすのが、何を隠そう犬達なのです。

さぁそこでこんなワンちゃんたちに注目して欲しい TOP3 !!

3位 … 一生懸命に走っているワンちゃんたち !!

犬ぞりのワンちゃんたちは撮影の時、
一日に10キロ位は走っていました。
それも人間と荷物を載せたそりを引っ張ってです。
人間3人と荷物を合わせて 400kg 近くはあったといわれています。
小さいワンちゃんもみんなに合わせようと
必死に走っている姿がとっても可愛いので是非注目 !!

2位 … 餌をガツガツ食べるワンちゃんたち !!

餌を食べるシーンを撮影する日は、
通常の餌を少なくして、撮影に臨むんです。
その時の彼らの餌への集中力たるや、すさまじいものがあります (^^)
特に食いしん坊は、シロ!
おねだりするときにワンワン吠える姿はとってもかわいいですよ !!

1位 … 氷の上にも平気で寝そべるタロジロ !!

南極シーンの撮影は、軽く氷点下10度近くにもなる現場でした。
スタッフは防寒具に身を包み、役者は越冬服に身を包み
ワンちゃんたちは毛に身を包み… って
つまり裸 !!
それでもなんのその。
犬ぞりを止めているシーンなんかはそのまま寝そべってしまうほど
寒さが大好きなんです。
特にタロジロクマは寒さに最も強く、寝そべっている事が良くあります。
非常に愛らしいので注目してください !!

というわけで是非是非ワンちゃんに注目してほしい第5話は

11月13日 (日) よる9時 !!

お楽しみに!


↑このページの一番上へ