水戸黄門 第24部

1995年9月11日〜1996年6月10日(全37話)


みどころ:

 悪党どもは、なかなか黄門さまを楽にさせてくれない。伊賀へ出掛けたお銀、飛猿が戻って来たと思ったら、今度は薩摩藩に大事出来。危急を黄門さまに知らせようと水戸を目指した使者の一人は江戸で殺され、ようやくご老公のもとへたどりついたのは、静香という娘一人。
 静香は薩摩藩国家老の息女だった。黄門さま一考は直ちに薩摩へ向かうが、途中で黄門様を暗殺しようと企む刺客、南蛮忍びの群れが執拗に仕掛けてくる。第14回の放送で、ようやく薩摩の地に平穏が戻った。静香役に抜擢されたのは、新人伊織静香。目鼻立ちのくっきりした美貌には、追っ手の目をくらませるための男装がよく似合った。今回の道中は、最終回が通算777 回にあたるという記念のシリーズ。そのため北海道と沖縄を除く全ネット局のサービスエリヤを必ず一度は通るということで、ルートの決定が大変だった。ちなみに平成8年4月1日放送の米沢編は4 月期首で二時間スペシャル番組だった。

登場人物:

水戸光圀(みとみつくに)/佐野浅夫(さのあさお)、
佐々木助三郎(ささきすけさぶろう)/あおい輝彦(あおいてるひこ)、 渥美格之進(あつみかくのしん)/伊吹吾朗(いぶきごろう)、
風車の弥七(かざぐるまのやしち)/中谷一郎(なかたにいちろう)、 うっかり八兵衛(うっかりはちべえ)/高橋元太郎(たかはしげんたろう)、
かげろうお銀(かげろうおぎん)/由美かおる(ゆみかおる)、 柘植の飛猿(つげのとびざる)/野村将希(のむらまさき)

立寄り先と主なゲスト:

【1】水戸,江戸:久米明、名和宏
【2】箱根:山本みどり、夏夕介
【3】駿府:沖田浩之、京本政樹

【4】岡崎:新克利、高田美和
【5】桑名:谷幹一、吉沢京子
【6】大坂:有川博、浜田晃

【7】姫路:三浦理恵子、京本政樹
【8】岡山:杜けあき、佐竹明夫
【9】徳島:三浦リカ、西尾塁

【10】高知:島崎和歌子、西山浩司
【11】松山:根上淳、山本みどり
【12】別府:福田豊土、中野みゆき

【13】高鍋:坂上二郎、藤吉久美子
【14】鹿児島:細川ふみえ、久米明
【15】熊本:江藤潤、岩本千春

【16】島原:夏八木勲、大塚良重
【17】小倉:芦川よしみ、宗像勝巳
【18】柳井:高津住男、安藤一夫

【19】広島:大西結花、荒木しげる
【20】出雲:コント山竹、上野めぐみ
【21】鳥取:本郷功次郎、竹本孝之

【22】敦賀:根本りつ子、北林早苗
【23】大聖寺:薬丸裕英、長門勇
【24】高岡:芦田由夏、宗方勝巳

【25】松本:加山雄三、北原佐和子
【26】韮崎:梅野康靖、川辺久造
【27】米沢:石原良純、杉本彩

【28】長岡:円谷浩、東千晃
【29】鶴岡:江藤潤、大塚良重
【30】秋田:荒木しげる、伊吹剛

【31】弘前:土屋嘉男、小林昭二
【32】盛岡:篠塚勝、櫻木健一
【33】仙台:中島久之、三浦リカ

【34】福島:田中実、上村香子
【35】三春:杜けあき、高原駿雄
【36】佐野:いとうまい子、渋谷哲平

【37】江戸:藤吉久美子、近藤洋介



水戸黄門ホームへ

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.