水戸黄門 第22部

1993年5月17日〜1994年1月24日(全36話)


みどころ:

 「水戸黄門」スタート後、満24年。3代目水戸光圀役に佐野浅夫が就任。
佐野黄門最初の旅は、紀州を目指す。5代将軍綱吉の跡を継いで6代将軍になるのは、すでに甲府宰相綱豊ときまっていた。しかし、あらぬ噂を振りまいた者もいて、幕閣内部に亀裂が走る。いかに御三家の雄とはいえ、このままにしておいては、紀州家の存亡にも関わると光圀は考えた。そこへ紀州家から密使が到着する。国家老の娘百合と、護衛の音羽の小弥太、強引にくっついてきた寛坊の3人。その請いを入れて、黄門さまは紀州目指して旅に出る。
こうして、3代目黄門さま最初の世直し旅は女連れ、子供連れの賑やかなものとなった。
 第10回で事件が解決した後は、四国、九州、山陰から日本海沿いに抜け、会津から来た関東経由で水戸へ帰る全36回。

登場人物:

水戸光圀(みとみつくに)/佐野浅夫(さのあさお)、
佐々木助三郎(ささきすけさぶろう)/あおい輝彦(あおいてるひこ)、 渥美格之進(あつみかくのしん)/伊吹吾朗(いぶきごろう)、
風車の弥七(かざぐるまのやしち)/中谷一郎(なかたにいちろう)、 うっかり八兵衛(うっかりはちべえ)/高橋元太郎(たかはしげんたろう)、
かげろうお銀(かげろうおぎん)/由美かおる(ゆみかおる)、 柘植の飛猿(つげのとびざる)/野村将希(のむらまさき)

立寄り先と主なゲスト:

【1】水戸:高城淳一、荒木しげる
【2】佐倉:佐藤英夫、日下由美
【3】箱根:三浦リカ、伊藤美由紀

【4】藤枝:中条きよし、浜田朱里
【5】島田:ハナ肇、小高恵美
【6】浜松:芦屋雁之助、土田早苗

【7】岡崎:松山政治、大塚良重
【8】桑名:渡辺典子、谷幹一
【9】新宮:西村知美、長谷川稀世

【10】和歌山:高城淳一、川合伸旺
【11】大坂:櫻木健一、佐藤佑介
【12】徳島:本郷功次郎、東千晃

【13】高知:日高澄子、岩本千春
【14】松山:北原佐和子、冨家規政
【15】広島:西城秀樹、戸浦六宏

【16】別府:山本みどり、大塚道子
【17】鹿児島:夏夕介、近藤洋介
【18】島原:大西結花、睦五朗

【19】長崎:河合奈保子、沖田浩之
【20】小倉:坂上二郎、神野美伽
【21】萩:竹脇無我、舟倉佑由子

【22】出雲:角川博、加茂さくら
【23】岡山:森繁久彌、根本りつ子
【24】姫路:片岡京子、河原崎次郎

【25】鳥取:太川陽介、北原佐和子
【26】豊岡:車だん吉、吉野眞弓
【27】大聖寺:南條玲子、若林志穂

【28】輪島:水野美紀、御木本伸介
【29】高田:佐藤英夫、武内亨
【30】佐渡:誠直也、浜田朱里

【31】新発田:芦川よしみ、青木義朗
【32】会津:大橋吾郎、生田智子
【33】白河:寺泉憲、日高澄子

【34】日光:左とん平、コント山竹
【35】宇都宮:三浦リカ、夏夕介
【36】江戸:八木小織、佐竹明夫



水戸黄門ホームへ

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.