水戸黄門 第16部

1986年4月28日〜1987年1月19日(全39話)


みどころ:

 由美かおる扮するかげろうお銀と、せんだみつお扮する煙の又平がレギュラーに加わる。
 登場のきっかけは、伊賀の上忍藤林無門一党の経済困窮を救うべく、謎の男が募集した五百両の賞金つきの黄門暗殺コンテストに応募したというとんでもない話。つまり、黄門様の命を狙う刺客だったのだ。弥七もこの奇怪なゲームに不審を抱き、みずから応募すると共に事態を黄門様に報告した。紀州に何やら曰くありと知った黄門様は、敢えて火中に飛び込むつもりで西山荘を後にする。その黄門様をつけ狙ううちに、お銀は首をヒネリ始める。黄門様こそ、世の為人の為自分を捨てている高潔な人物。その生命をなぜ狙わなければならないのか?
 第10回ですべての陰謀が明るみに出たのち、お銀は祖父無門の口添えもあって、以後黄門様の一行に加わる。

登場人物:

水戸光圀(みとみつくに)/西村 晃(にしむらこう)、
佐々木助三郎(ささきすけさぶろう)/里見浩太朗(さとみこうたろう)、 渥美格之進(あつみかくのしん)/伊吹吾朗(いぶきごろう)、
風車の弥七(かざぐるまのやしち)/中谷一郎(なかたにいちろう)、 うっかり八兵衛(うっかりはちべえ)/高橋元太郎(たかはしげんたろう)、
かげろうお銀(かげろうおぎん)/由美かおる(ゆみかおる)、 煙の又平(けむりのまたべい)/せんだみつお
志乃(しの)/山口いづみ(やまぐちいづみ)、 香織(かおり)/鳥越マリ(とりごえまり)

立寄り先と主なゲスト:

【1】水戸:岩井半四郎、小栗一也
【2】府中:賀田裕子、田中 浩
【3】箱根:泉じゅん、美池まり子

【4】沼津:桜木健一、香山まり子
【5】藤枝:根本律子、磯部 勉
【6】島田:斉藤ゆう子、鈴鹿景子

【7】岡崎:花沢徳衛、舟倉佑由子
【8】桑名:レオナルド熊、中原早苗
【9】吉野:佐野浅夫、小林昭二

【10】若山:岩井半四郎、田中明夫
【11】大坂:太川陽介、杉田愛子
【12】京:三原じゅん子、有島一郎

【13】膳所:金沢 碧、志垣太郎
【14】彦根:水原ゆう紀、内藤武敏
【15】宮津:坂上二郎、丸山秀美

【16】鳥取:コント山竹、北原佐和子
【17】松江:目黒祐樹、大塚良重
【18】大森:芦田伸介、佳那晃子

【19】福井:山本みどり、久米 明
【20】大聖寺:河原崎建三、渋谷哲平
【21】金沢:島村佳江、御木本伸介

【22】糸魚川:中野誠也、浜田寅彦
【23】長岡:小松政夫、福田豊土
【24】新発田:伊藤つかさ、岩戸隼人

【25】鶴岡:堀ちえみ、山内 賢
【26】亀田:大沢逸美、永井秀和
【27】久保田:森次晃嗣、朝比奈順子

【28】弘前:井森美幸、長門 勇
【29】盛岡:竹脇無我、中村橋之助
【30】新庄:大場久美子、松山英太郎

【31】山形:甲斐智枝美、荒木 茂
【32】仙台:高松英郎、園みどり
【33】白石:磯部 勉、千野弘美

【34】二本松:伊吹 剛、賀田裕子
【35】会津:永光基乃、三條美紀
【36】白河:三浦リカ、山本みどり

【37】日光:芦屋雁之助、浅田美代子
【38】小山:安井昌二、舟倉佑由子
【39】江戸:桜木健一、紀ノ川瞳



水戸黄門ホームへ

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.