コンテンツメニュー

過去の放送内容

2012年6月5日(火)

教科書にのせたい! 判定なし

写真

家庭に潜むダニの退治法

今回はどちらがダニがより増える可能性があるかをクイズで出題、その対処法もご紹介!

【2択クイズ ダニがより増える可能性があるのはA・Bどっち?】

※答えは下にスクロールするとあります。

写真

問題(1)

A:共働きの夫婦2人暮らし

B:3世代家族

写真

問題(2)

A:古い畳

B:新しい畳

写真

問題(3)

A:冷蔵庫内のラップで包んだチーズ

B:開封し輪ゴムで絞った煮干の袋


※答えは下にスクロールするとあります。

写真

人間の役に立っているダニ?!
嫌われ者のダニですが、人間のために役立っているダニも沢山いる・・・ということで、今回は『人間の役に立っているダニ』として“ミモレット”をご紹介。
このミモレットは、チーズコナダニというダニが消化液を吐き出すことにより、チーズの発酵が進み完成される。



【2択クイズ 問題(1) 答え・・・A】

昼間締め切っている家は湿気が逃げずダニが繁殖しやすい環境になっている。
[対処法]:なるべく風通しを良くし、こまめに掃除をすること


【2択クイズ 問題(2) 答え・・・B】

古い畳は乾燥しダニの餌になる栄養分もなくなっているが、新しい畳には栄養分が残っている。
[対処法]:風通しを良くすること

※畳に発生するダニの対処法についてホームページ上で誤表記がありましたので、その部分を訂正いたしました。
畳は新しい古いにかかわらず、日常の掃除など適切な管理をすることでダニの増加を防ぐことができます。
また、日本の気候風土に適し、優秀な機能性をもつ畳は、健康面でも優れた効果を発揮するという事実も併せて、補足させて頂きます。


【2択クイズ 問題(3) 答え・・・B】

冷蔵庫は乾燥し、温度も低いためダニの活動が停止される。
輪ゴムで封を閉じただけだと隙間からダニに進入され、煮干をエサにし繁殖してしまう。
[対処法]:開封した食品は常温での保存を避ける

教科書にのせたい! 判定なし

写真

〜身近に潜む危険〜

安全学のエキスパート! 明治大学理工学部 向殿政男(むかいどのまさお)教授
家庭内の事故は交通事故よりも多いというのはみなさんご存知でしょうか?
今回安全学のエキスパート向殿先生がご紹介したのは3つの危険。

身近な危険(1) 『暴走する洗濯機』
原因は・・・自転車用の防水カバー
防水加工の物は水を通さないため、中にたまった水が急に流れ出るとバランスを崩し洗濯機が動いてしまう危険性が。そのため、防水加工のレインコートもNG!
絶対に防水製品は洗濯機で洗ってはいけません。

写真

身近な危険(2) 『爆発する食品』
原因は・・・ゆで卵                
白身より黄身の方が水分が多いゆで卵は、電子レンジで温められると水分が膨張し、行き場がなくなり破裂してしまう。たとえ電子レンジ内で爆発しなくても、食べる際に爆発したりする可能性があるため、ゆで卵は絶対に電子レンジで温めてはいけません。

写真

身近な危険(3) 『自然発火する洗濯物』
原因は・・・油が滲みこんだタオル
衣類に滲み込んだ油は洗濯機で洗っただけでは落ち切らないことがあり、乾燥機にかけて高温になった状態のまま乾燥機から出して他の衣類と重ねておくと、空気にふれ酸化が進みさらに温度が上がって発火してしまう可能性がある。
サラダ油やオリーブオイルなど普段使用するものでもこの現象は起こり得るため、絶対に油がついた洗濯物は乾燥機に入れてはいけません。

教科書にのせたい! 判定なし

写真

本当にあった奇跡のどうぶつ物語

その(1) 『仲間を想う深い絆』
オタリアに襲われ致命的な怪我により動けなくなったイワトビペンギン。
そこへ逃げたはずのペンギン達がまるで励ますかのように彼のもとへ戻ってきた。
それにより負傷したペンギンが再び歩きだす深い絆の物語。
通常血のつながったものしか助けない動物界では、再び襲われる危険をおかしてまで仲間の元へ行くことはありえない。

写真

その(2) 『種族を超えた親子の愛』
ライオンから逃げる際に親とはぐれた生後間もないオリックスの赤ちゃん。
逃げることをあきらめたオリックスの赤ちゃんを驚くことにライオンは襲うことなく、見守り続けた。
ライオンの愛情を感じ取ったオリックスの赤ちゃんは、お乳をせがむようになる愛の物語。
通常ライオンは草食動物をエサとしてしか見ない。しかしメスライオンには家族がいないため、孤独な寂しさが愛情へと変わったのかもしれない。

教科書にのせたい! 判定なし

写真

日本再発見!全国ローカルテレビ局の旅【RKB パート2】

全国各地のローカルテレビ局、そこは地元の知られざる情報が集まる場所!
今回はRKB毎日放送 第二弾!
東福岡高校と筑紫高校ラグビー部をご紹介。
生徒の自主性を尊重し、いつも笑顔の東福岡高校の監督と、
練習はスパルタ、生徒を厳しく叱る筑紫高校の監督。
対極する指導法の監督と部員達のドキュメンタリー。

写真

写真