2007年:公演一覧|熊川哲也 K-Ballet Company

メニュー

アーカイブ

過去の公演

Winter 2007
(2007年11月10日〜12月22日)


とてつもないエネルギーを放出する豪華スターたちの華麗なる競演!
トリプル・ビル 11月10,11日 / 白鳥の湖 11月15〜21日 / くるみ割り人形 12月16〜22日
-------

ドン・キホーテ
(2007年7月17日〜7月22日)


全幕を通してそこかしこに散りばめられたバラエティーに富んだ踊りの楽しさはもちろん、なんといっても最終幕での主役ふたりのグラン・パ・ド・ドゥはまさに圧巻のひと言。「これでもか」と言わんばかりに繰り出されるダイナミックな跳躍と回転の応酬ゆえに、優れたテクニックの持ち主が踊るほどに見ごたえは増す。
また、個性豊かな登場人物たちの魅力もこの作品が人気を呼ぶ理由の一つである。ここに登場するのは大地に根を張り、日々の生活を謳歌する血の通った人間たち。キトリとバジル、それを取り巻く闘牛士やジプシーといった多彩なキャラクターたちが繰り広げる陽気で活気あふれるその営みぶりは、他の古典名作にはない独特のパワーをこの作品にもたらし、踊り手たちが優れた“俳優”であってこそえも言われぬ楽しさを誘うのだ。
-------

海賊
(2007年5月11日〜6月16日)


観客を驚嘆させずにはおかない最高級の美術、稀代のストーリーテラー熊川が紡ぎ上げるロマンあふれる物語と異国情緒漂う多彩な舞踊に織り込まれる比類なきオリジナリティ、そしてKバレエが誇るスターたちのオールキャストによる豪華競演……etc.
芸術監督・熊川哲也のもと、バレエ界最先端の陣営が総力を結集して贈る空前のスペクタクル・アドベンチャー、それがこの熊川版『海賊』なのである。ロマン派の詩人バイロンの詩を原作とした本作では、海賊の首領コンラッドとギリシャの美しい娘メドーラの恋と、彼らを取り巻き繰り広げられる波乱万丈のストーリーを、かつてない壮大なスケールでスリリングかつファンタジックな冒険物語に仕立て上げる。
-------

白鳥の湖
(2007年2月23日〜2月26日)


かつてない大胆さと斬新さで<バレエの代名詞>たる名作の魅力を描き切る熊川版古典全幕バレエの決定版。それが『白鳥の湖』!王子ジークフリートの心の揺らぎをつぶさに表出しながら、ドラマティカルに、かつスリリングに展開する感動のストーリー。白鳥オデットと黒鳥オディールを二人のバレリーナに分けるという、史上稀なる画期的解釈が可能にした、白と黒との鮮烈な美の対決。英国最先端の美術家ヨランダ・ソナベンドによる謎めいた輝きを放つ荘厳な美術が彩る神秘空間。
そして2006年------Kバレエのスターダンサー揃い踏みで贈る本公演では、世界の顧客に惜しまれながら封印され、今や伝説ともいわれる吉田都の白鳥/黒鳥が衝撃の復活を果たす!
-------
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.