クルーズトレイン「ななつ星in九州」

2014年8月13日(水)

豪華列車の旅〜ななつ星in九州〜 2日目

ななつ星

・1泊2日コースと3泊4日コースがある(今回旅しているのは3泊4日コース)
・料金は43万円〜
今回、吉川さんが泊まったのは最上級のデラックススイートルームで70万円

◆博多駅ラウンジ「金星」

・営業時間/連絡先 :火・金・土・日曜日(祝日を含む)/10:00〜15:30
※ラウンジでの旅行相談のお申込みはクルーズトレインツアーデスク
【営業日・営業時間:月・火・木・金・土/10:00〜17:30(休業日:水曜日・日曜日・祝日) 電話:0570-550-779】へお電話にてお申込みください。
・金星で提供するデザートは「フランス菓子16区」が提供するオリジナルスイーツ
名前:「パッションフルーツのムースにココナッツミルクのクリームと森伊蔵のジュレを添えて」
ドリンクはコーヒー(ホット・アイス)or紅茶(ホット・アイス)or日本茶(ホット・アイス)、コーラ、ジンジャーエール、オレンジユースなどソフトドリンクがチョイスできる。
全て旅行代金に含まれるため無料

◆寿司屋

鮨割烹 やま中 (大将:山中 琢生) 092-731-7771

1972年 福岡県福岡市中央区にて創業
現在、福岡市内に5店舗を展開。
玄界灘をはじめとする近海物の魚介類で握る「博多前寿司」。
全国から店の寿司を食べるためだけに福岡を訪れる客も少なくない。
列車内では3回に分けて寿司を提供
1皿目:トロ(ニュージーランド)、イカ(玄界灘)、タイ(姫島)、車エビ(玄界灘)
2皿目:アラ(五島列島沖)、ウニ(唐津)、穴子(玄界灘)
3皿目:甘鯛昆布〆(玄界灘)、煮アワビ(玄界灘)、赤身の漬け(ニュージーランド)、玉(福岡市)
仕入れを行っているのは、「柳橋連合市場(やなぎばしれんごういちば)」
福岡市中央区春吉にある市場。
大正7年に出来て、今年で96年の歴史を誇る。
福岡じゅうから様々な食材が集まることから「博多の台所」とも呼ばれている。
現在47店舗が入っており、山中大将はうち5店舗で買い付けした。

【由布院1件目】

ガイド:恒吉 美智子(つねよし みちこ)
【由布院1件目】
◆赤司菓子舗(あかしかしほ)
TEL 0977-84-2575
大分県由布市湯布院町川北2-2
9:00〜19:00(閉店)、11〜翌2月は〜18:00(閉店)  不定休 1月1日休
昭和33年由布院の地で創業
由布院の柚子農家と契約し、特産品の柚子を使ったお菓子を数多く取り揃える
ご主人で二代目

▼ご主人の名前
赤司菓子舗 社長
赤司 哲(あかし さとる)

▼商品情報
ゆず饅頭(10個入り/1,110円 ※税別)
由布院産の柚子煉りを北海道産の手亡豆で作ったかるかんで包んだもの
柚子煉
瓶が1個750円(税別)
袋が1個850円(税別)

【由布院2件目】

◆城橋(じょうばし)

由布岳を正面に一望できる

【由布院3件目】

◆由布院温泉 乙丸(おとまる)温泉館
TEL 0977-84-3573
大分県由布市湯布院町川上2946番地1
営業時間 6:30〜22:00
入浴料=200円 年中無休
泉質:単純温泉
適応症:神経痛神経炎、疲労回復、冷え性、骨及び間接等の運動障害

【夕食】
▼店の名前
レストラン・ジョルジュマルソー 092-721-5857
福岡市中央区大手門1-1-27

▼シェフの名前
オーナーシェフ
小西 晃治(こにし こうじ)
※8月26日出発分からななつ星にて提供開始
小西さんは1967年長崎市生まれ
1985 年にフランス料理人を志し上京。
ビストロ・ダ・アンジュ(青山)、
ペリィニヨン(銀座)で修業の後、 シェ・ジョルジュ・マルソー(国分寺)で副料理長に就任。
1995 年よりレストラン ブルクレール(百道)料理長・ヌーベル文雅 (百道)料理長を経て、
1997 年にオーナーシェフとしてビストロ炎をオープン。
2004 年 6 月に福岡市に「ジョルジュマルソー」をオープン。

▼前菜名
「唐津産 海の幸と 大分 自然農園の野菜を添えて」
※ハモ、黒アワビ、海老など海鮮物は全て唐津産。野菜は大分・由布市産

▼メイン
「九州産 特選黒毛和牛フィレ肉の備長炭火焼き マデラワインのソース」
※肉の産地は「九州産」を希望している。佐賀のものだったり、大分のものだったりその時の仕入れ状況によって
 変わるため。
※マデラワインはポルトガル産

▼デザート
「由布院の牛乳アイス」
「ココナッツのブランマンジェ 巨峰を赤ワインでコンポート」
「アーモンドとオレンジのチュイール」