いっぷくクリニック

2014年12月23日(火)

風邪・インフルエンザ (対処法編)

☆お話し頂いた先生

池谷医院
池谷敏郎 院長・医学博士

☆疑問「熱が出た時は 厚着をして汗をかいたほうがいい?」

答え:×
無理に汗をかくと体力が消耗し、脱水症状になる恐れも。

☆疑問「風邪をひいた時 風呂に入ってもいい?」

答え:○
つらくなければ入ってもいい。ただし湯冷めに注意

■池谷先生オススメ 風邪をひいた時の入浴方法:
(1)脱衣所・風呂場を暖めておく
(2)適温のお湯にサッと入り体を洗って上がる
(3)汗がひいてから服を着る

☆疑問「熱が下がり 症状がおさまれば インフルエンザは人にうつらない?」

答え:×
発症後7日間程度はインフルエンザウイルスを排出すると言われている。
※個人差があります。

■インフルエンザによる出席停止期間(幼稚園〜大学までが対象):
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」
文部科学省「学校保健安全法」より ※2012年度から

☆疑問「家族にうつさないようにするにはどうすればいい?」

インフルエンザの感染経路である「接触感染」を避けるよう心がける。

■要注意!インフルエンザウイルスの意外な付着場所:
・タオル ・ドアノブ ・便座
タオルは別のものを使ったり、ペーパータオルがオススメ。ドアノブや便座などは、市販の消毒液や除菌できるウェットシートなどでこまめに拭くといい。

☆疑問「首にネギを巻くと 風邪は治る?」

答え:×
ネギには風邪に効果的な成分があるが、首に巻いたからといって効果はない

■ネギの効果:
・アリシン→血行を促進し体を温める。疲労回復。
・フルクタン→インフルエンザウイルスの侵入・増加を抑える。

PAGE TOP