いっぷくシンデレラ

2014年5月26日(月)

ゲスト:渡瀬 マキさん

NEWS増田が渡瀬マキさんと「東京千住 パワースポット巡り」デートをしました。

■本日のゲスト 渡瀬マキさん

ロックバンド「LINDBERG」ボーカル
いっぷく!火曜日レギュラー

■渡瀬さんの願望

・赤身の美味しい肉が食べたい
・七福神巡りをしたい

●今回のプラン●

<1>千寿七福神巡り
<2>赤身のお肉でスタミナアップ

■東京未来大学

住所:東京都足立区千住曙町34-12
・2007年開校
・かつて金八先生の舞台となった桜中学(旧足立二中)を改装して作った大学
・校庭部分には現在新校舎が建てられているので外見がガラッと変わってしまっている

【増田貴久も金八先生に出演!】

・金八先生第6シリーズ(2001年放送)に長澤一寿役として出演、当時15歳
・ツールドフランスを目指し、新聞配達をしたり進学先に競輪学校を希望する自転車少年の役

■千住七福神

◎仲町氷川神社
ここでまつられている弁財天は1689年に作られた物であり、区の登録有形文化財にも登録されている。
住所:東京都足立区千住仲町48−2
神様:弁財天
美と知恵、音楽や弁舌の神様と言われており、七福神の中の紅一点。日本では財福の神様や芸能の神様とも言われている。

◎河原町稲荷神社
住所:東京都足立区千住河原町10−13
神様:福禄寿
背が低く頭が長い神様。幸福や長寿、人徳の神様

【周辺豆知識】
近くにある千住大橋は松尾芭蕉あの名作、奥の細道のスタート地点。千住大橋近くにある区立大橋公園には「矢立初の碑」と言う物もある。
ちなみに芭蕉はこの地で「行く春や 鳥啼き魚の 目に泪」と言う句を詠んでいる。意味は芭蕉がこの旅を始めるとき死を覚悟していたらしく、もう色んな人に会えないかもしれないと言う意味である。

◎千住本氷川神社
足立区ラジオ体操発祥の地。1952年に子ども達の夏休みのラジオ体操として始まったのが現在まで続いている。毎朝6時半から年中無休で行っている。
住所:東京都足立区千住3−22
神様:大黒天
有福・食物・財福・出世のご利益があるとされている。印度の神様で仏教の守護神だが 日本では有福・福徳を示し商売繁盛の守り神として有名。

◎大川町氷川神社
住所:東京都足立区千住大川町12-3
神様:布袋尊
開運、子宝、良縁の神様。大きな布袋を持っている。

◎元宿神社
住所:東京都足立区千住元町33-4
神様:寿老人
福徳、長寿の神様、不老長寿の桃や杖、軍配を持っている。

◎八幡神社
住所:東京都足立区宮元町3−8
神様:毘沙門天
右手にやり、左手に宝塔を持って悪霊を払い財を施す神様。

◎千住神社
住所:東京都足立区千住宮元町24-1
神様:恵比寿天
大漁追福や商売繁盛、五穀豊穣をもたらす漁業や商業、農業の神様。一生懸命働けば恵比寿様から財宝をもらえると言われている。右手に釣り竿を持ち左手に鯛を持っているのが特徴。

【豆知識】
〜お賽銭〜
・かつてお賽銭は金銭ではなく海の幸や山の幸をお供えしていた
〜千住神社について〜
・名物は回転する恵比寿像
・2つの神社が合体して作られたため、「2つの神社が1つになる⇒別の名字が違う物が1つになる」という事から結婚成就の神社として人気がある
・上記のことから結婚式を挙げるカップルも多い

【願掛け方法】
(1)恵比寿様を3回まわして(男性は左 女性は右)お祈りをする
(2)その後白いハンカチで恵比寿様の体を3回なでる
(3)家でなでた所と同じ箇所の体の部位を1日3回なでる

☆なでる場所は
商売繁盛⇒鯛
家内安全、合格祈願⇒頭
縁結び、恋愛成就⇒胸
癌よけ⇒お腹
スポーツ上達⇒腕、足
ボケ封じ⇒後頭部
その他⇒自分が痛い所

かどや 【周辺情報】
●石黒のあめ
住所:足立区千住3−19
昭和8年(1933年)創業。沖縄から仕入れた黒糖を使った黒糖飴やきなこ飴が人気。

●平野屋煎餅店
住所:足立区千住4−14
文久2年(1862年)創業、4代続いている。炭火手焼きせんべいが有名。

●かどや
住所:東京都足立区千住5-5-10
北千住宿場通り商店街にある団子屋。昭和27年創業。
・だんごの種類はあんだんごとやきだんご(どちらも90円)

■炭火焼七厘

炭火焼七厘 東京都荒川区東日暮里1-17-11
Tel:03-3805-4129
営業時間:17:00〜23:00
水曜定休日

・A5ランクの黒毛和牛の雌牛しか使わないのがこだわり
・黒毛和牛を一頭買いする事でリーズナブルな価格を実現
・芸能人も多数訪れており、店内には多数サインが飾られている
・特に○○牛とこだわらず、その日の市場に出ている最高の肉を仕入れている
・予約限定の店ではないが予約をしないと入るのは難しい
・食べログの東京ベストレストラン2013にも選ばれている
【東京ベストレストランとは?】
⇒ユーザーの口コミや評価を元に食べログが選んだTOP500件の店の事

【今回食べたメニュー】
・おまかせコース 5800円〜7500円
競り落とし金額によって値段は変更。その日のおすすめの良い部分から7枚を出すため肉の種類は日によって変わる。
・幻の牛タン 2000円
前日までに予約が必要。希少な黒毛和牛の牛タンを使用。出てくる部位はタン先、タンゲタ、タン元の3種類。

(幻の牛タンの内訳)
・タン先⇒牛タンの先の部分。肉質は硬いが風味がある。
・タンゲタ⇒タンの下の部分。味が濃い。
・タン元⇒タンの根っこの部分。風味が豊かで柔らかく味が濃い。

(ロケ当日のおまかせコースの内訳)
・サーロイン⇒背中のリブロースからももに続く部位。油のきめが細かく柔らかい。七厘の人気メニューでタレがおすすめ。味わいはこってり。
・リブカブリ⇒リブロースを覆っている部位、味わいはとてもジューシー。塩がおすすめであじわいはこってり。
・トウガラシ⇒肩から腕にかけての部位、形がトウガラシに似ているからその名前がついた。塩がおすすめ、味わいはさっぱり。
・ミスジ⇒牛の肩甲骨から下の部分で少ししか取れない希少部位。今回は中でも霜降りのうで部分を用意。タレがおすすめで味わいはこってり。
・ランボソ⇒牛のおしりの部分であるランプの細い部分だからランボソと名付けられた。ヒレに次いで柔らかい。塩がおすすめで味わいはさっぱり。
・カタ三角⇒牛のカタの部分、第1〜第6肋骨の部分を三角形に切った形のため、1頭から2枚しか取れない。塩がおすすめで味わいはさっぱり。
・ヒレ⇒サーロインの内側に付いている細長い腰に近い部分の部位。もっとも柔らかい。塩がおすすめで味わいがさっぱり。+予約した人のみにつくおまけの切り落とし。