月曜ゴールデン特別企画 映画「のぼうの城」

2016年1月18日(月)よる9:00から

「月曜ゴールデン特別企画 映画「のぼうの城」」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

天下統一目前の豊臣軍にケンカを売ったその男、“天才”か? “でくのぼう”か?
史上最大級の戦国エンタテインメント!!突飛な奇策に驚き、笑う!

 圧倒的なスケールゆえに映画化実現まで8年の時間を要した、戦国エンタテインメント『のぼうの城』を放送する。
 脚本は城戸賞を受賞した和田竜のオリジナル。天下の豊臣軍に突飛な奇策でケンカを売った“でくのぼう”の物語。
 “のぼう様”と呼ばれる成田長親を演じるのは、狂言界の至宝・野村萬斎。そして犬童一心×樋口真嗣の二大監督が奇跡のタッグを組み、興奮と感動のスペクタクル・エンタテインメント超大作が生み出された。
 壮大なスケールで描かれる奇抜な合戦や、圧倒的勢力の天下軍が仕掛ける“水攻め”戦術、両軍の愛すべきキャラクターたちが織りなす濃密な人間ドラマと、見どころ満載! そして、敵も味方も驚き…笑う!? 長親の驚天動地の奇策とは!?(2012年/東宝)

あらすじ

 天下統一目前の豊臣秀吉(市村正親)は、最後の敵、北条勢を攻撃目標に定めていた。湖に囲まれた“忍城”もそのひとつ。人々が平穏に暮らし、兵力はわずか。圧倒的な力を誇示したい秀吉は、そんな忍城を2万の軍勢で落すよう家臣・石田三成(上地雄輔)に命じる。
 忍城に迫る天下軍の足音。そんな中、田んぼで農民や子ども達とたわむれている侍…成田長親(野村萬斎)がいた。長親は城主・成田氏長(西村雅彦)の従弟でありながら、武将に求められる智も仁も勇もないが、人気だけはある不思議な男。領民からは“でくのぼう”を意味する“のぼう様”と呼ばれ慕われていた。長親に密かに想いを寄せる城主の娘・甲斐姫(榮倉奈々)、長親の幼馴染で歴戦の強者・丹波(佐藤浩市)、丹波をライバル視する豪傑・和泉(山口智充)、自称“軍略の天才”・靭負(成宮寛貴)。緊迫する仲間たちを前に、長親は呑気にも「北条家にも、関白にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなぁ」などと言って皆を唖然とさせる。
 やがて、凄まじい数の天下軍が忍城を包囲した。氏長は「秀吉軍とは一戦も交えずに速やかに開城せよ」と残して、既に小田原城へ向かっていた。長親に任された忍城、その軍勢はたった500人。2万の大軍相手に勝ち目がないことは、誰の目にも明らかだ。やむなく開城を決意する長親たち。だが、なめきった態度をとる傲慢な武将・長束正家(平岳大)と対面した長親は、思わぬ一言を発する。「戦いまする」――それを聞いて騒然となる忍城軍。だが、長親の決意に導かれるように武将たちも戦いに挑むことを決意し、さらには長親を慕う百姓たちも立ち上がる。こうして侍から農民までが一致団結し、天下軍との無謀な戦いが始まるが…!?

出演者

野村萬斎

榮倉奈々
成宮寛貴
山口智充

上地雄輔
山田孝之
平 岳大

市村正親

佐藤浩市

スタッフ

監督:
犬童一心
樋口真嗣

脚本:
和田竜
小学館「のぼうの城」

音楽:
上野耕路

主題歌:
エレフェントカシマシ
「ズレてる方がいい」(ユニバーサル シグマ)


banner_AD