コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです


第10話「交流」
脚本:古橋一浩 演出:筑紫大介 絵コンテ:吉田俊司 作画監督:松本真司

この時代の人間が何を考えているのか知りたいと、東進丸に乗り込んだ小栗。
60年後から来たと告げると、河本兵曹長は本土空襲の可能性を尋ねてきた。
ヒロシマに家族がいる彼に小栗が返した言葉は……。この戦争の犠牲者をできるだけ減らしたい。
「みらい」が掲げた目標は、ガダルカナル攻防戦の阻止。

草加は、自分が山本五十六連合艦隊司令長官と面会し、日本軍の撤退を進言すると提案した。


back to INDEX   前回    次回

This page is managed by TBS ANIMATION
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 
TBSトップページサイトマップ