コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです


第9話「デッドライン」
脚本:古橋一浩 演出:筑紫大介 絵コンテ:渡部高志 作画監督:波風立流

草加が提示した条件を飲み、津田を伴い「みらい」に帰艦した角松。
角松は陸で見たもの全てを梅津に伝えた。出会ったのは、史実の1ページではなく、過酷な時代を生き抜く人間たち・・・。すでに元の21世紀に繋がる歴史は消えた。
帰る場所も目的もなく漂い続けることに、隊員は限界を感じている。ならば・・・。
「みらい」はガダルカナル島を目指す。それはこの艦が初めて自ら選び取った進路だった。


back to INDEX   前回    次回

This page is managed by TBS ANIMATION
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 
TBSトップページサイトマップ