2012年4月19日スタート木曜よる9時放送

インタビュー

戻る

(photo)

vol.04:えなりかずきさん

ドラマの企画を聞いたときの感想を教えてください。

最近あまり見ない設定だなあ… と思いました。
錦戸さんがご本人で登場して… そのマネージャーを演じさせていただくことは、率直に嬉しかったです。

演じている脇坂正平について ―

恐らく… テレビ業界にいる方ならわかっていただけると思いますが…
「 あと3ヶ月もすれば辞めてしまうだろうなあ…。」 という人。
それが僕の演じる脇坂くんです (笑)。
脇坂くんの一番大きい特徴は、撮影現場でただモニターなどをチェックしているのは嫌いなんです。なぜなら目立たないから。たくさんの人の前で、“マネージャー色” を醸し出すことが好きなのです。ロケ現場に行って、錦戸くんのファンのみなさんに見られるわけです。本来は錦戸さんに向いている視線を、あたかも自分に向けられていると思い、人気があるように感じて楽しんでいるような子です (笑)。

マネージャーの役ははじめて演じますか?

はじめてです。
3歳でデビューをし、今年で24年目になるのですが… この役を演じるにあたり、「 長いこと芸能界にいてよかったなあ。」 と思いました。今までに様々なマネージャーさんを見てきたので。今回はどちらかというと、「 この人、マネージャーにしたくないなあ。」 という人を演じています (笑)。
今回、台本をいただいた時点で、A4 の用紙二枚にビッシリかかれた役設定をいただきました。脇坂くんは、基本的に目立ちたがり屋で、私立の大学の医学部を出ている。実は実家が病院。いただいた役設定が今回役作りのうえで参考になりました。モデルがはっきりしているので、とても演じやすいです。

(photo)

現場の雰囲気はいかがですか?

とても楽しいです。
とても楽しくて、お仕事させていただいているんですが、楽しさとしては部活動に参加しているくらいの楽しさです!
私の上司・間宮を演じている八嶋さんに、さっそくご飯に連れて行っていただきました (笑)。もうすでに仲良くさせていただいていると思っています。うれしい限りです!

錦戸さんが錦戸さんご自身を演じる !? 混乱することはありますか…?

第2話で、お寿司屋さんに行くシーンがあるのですが、「 お寿司がダメだから他のにして。」 と、錦戸さんが脇坂に発注してくるシーンがあります。
実は錦戸さんがお寿司がダメだというのを知らずに、以前番組で、僕がお寿司屋さんに招待したことがあったんです (苦笑)。今回、台本を読んだとき 「 あ!錦戸くんお寿司ダメだったんだ…。ごめんね。」 と、真実をドラマの台本で知るという… 変なリンクがありました (笑)。

ご自身が錦戸さんのような状況になったら…?

僕は、すぐ結婚しますね。
引退するなら引退するだろうなぁ… と思います。潔く!

(photo)

最後に、視聴者のみなさんにみどころを教えてください!

リメイクさせていただいている 『 ママはアイドル 』 という作品は、1987年に放送された作品。今回の 『 パパドル!』 では、今の時代のテレビ業界の裏側をリアルに描いています。自分自身が見ても 「 こういうのあるよね!」 と思えるほど、テレビ業界がリアルに描かれています。そういったところは、視聴者のみなさんもおもしろいと思っていただけるのではないでしょうか。
僕が演じる脇坂くんは、撮影現場で周りにひかれてしまうくらいの “イヤ〜なマネージャーさん” になっています (笑)。ぜひ、僕が演じる脇坂くんのダークな一面を見ていただきたいなと思います。


↑このページの一番上へ