コンテンツメニュー

イメージ

どうも、涙で顔がぐちゃぐちゃの、おなじみ!イケメンAPです!

遂に終わりました「美男ですね」。

いかがでしたでしょうか?

少しでも良いドラマをお届けしようと、放送ギリギリまで編集を粘らせていただきました。

そして、本当に感動の最終回が迎えられたのではないでしょうか?
少なくともイケメンAPはそう思っております。


最終話の最大の見所は、やはり何と言ってもラストシーン、あのコンサート会場での廉の告白のシーンです。

このシーンのために今まで頑張ってきたんです。
廉も、ここの台詞を言うために演じてきたと言ってました。

「美男ですね」の全てのゴールがあのラストシーンなんです。

Kis-My-Ft2さんのコンサートにお邪魔させていただき、
1万5千人の観客が注目する中、「Miss You」を歌い、一人最高の告白をした廉。

僕は幸運にも、横浜アリーナでの撮影に立ち合わせていただいたので経験できましたが……

台詞終わりの怒涛の歓声。
今思い出しても鳥肌が立ちます。

本当にファンの皆様の御協力がなければ成立しませんでした。
あのラストシーンだけではありません。
このドラマは本当にアイドルという設定柄、多くのエキストラさんが必要でした。

何が言いたいかと言うと……
みなさんの協力なしには「美男ですね」は作れなかったということです!!!!!

本当にありがとうございました!!

さて、皆さんに出させていただいていた宿題

「廉はいつ美男を好きになったのか?」

皆さんなりに色々考えてくださり、ありがとうございました。

こういう答えが許されるのかどうかわかりませんが……

明確にここというのはないんです。

皆さんのご指摘の通り、池の指輪のシーンから美男に対しての廉の見方が変わったのは確かです。

誕生日に抱きしめられて「生まれてきてくれてありがとう」と言われた時にはもう好きですよね。自覚していないだけで。

その流れの中で、見ているみなさんが、「ここだ」と思ったところが「正解」なんだと僕は思うんです。

すみません、宿題を出した時点でこの答えは決まっていました。
人を好きになるというのは、人それぞれの瞬間・ポイントがあると思います。
もちろん廉にも。

みなさんが段々廉を好きになってくださったように、廉も美男を段々好きになっていったんです。

とは言え、ドラマなのでそこは描くべきだ!という方もいらっしゃるかもしれません。
皆さんに実際に恋していただくため、それぞれの気持ちになっていただくため、あえてそこは描かなかったんです。
廉だけでなく、美男も柊も勇気も、恋に落ちた瞬間は描かれていません。

人それぞれ恋のカタチは違います。
恋を感じる瞬間も違います。
だから、正解は、みなさんがここだと思ったところなんです。
ご理解いただけなかったらすみません……。


さて、「美男ですね」は無事、最終話を迎えました。同時に、この「イケメンAPですね」もこれにて終了。

今改めて思うことは、廉と美子の様な胸キュンな恋、柊や勇気の切ない恋はきっと特別ではない、ということです。

彼らの恋が輝いて見えるのは、彼らがただただ真摯に相手と向き合ってきたからです。

ですから、本気で誰かを想い、本気で行動する限り、十人十色の恋はその全てが胸キュンものであり、輝いているのです!!

あなたのも、イケメンAPのも……??

皆さん、A.N.JELLに負けない胸キュンな恋をしませんか?

2011.夏   イケメンAP 北川俊樹